メインメニュー
学校案内
SSH
宇東部活動
宇東PTA
宇東同窓会
各種たより
事務室より

sizensaigai.jpg

本校では、台風等の接近による自然災害等に対する対応について、次のように取り決めております。


  平成29年度自然災害等に対する対応について(PDFファイル) 
 クリックするとファイルが開きます。



1 午前6時以降南予南部に特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報のうち、少なくとも1つが発令されて
  いる場合は、全員自宅待機
とする。
  ただし、正午までに特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報が解除された場合には、安全を確認して速や
  かに登校する。(
午後も、特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報が継続して発令されている場合には、
  終日自宅待機とする。)

2 登校後、南予南部に特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報が発令された場合は、状況を判断してその都
  度指示する。

3 南予南部に特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報以外の警報が発令され、午前6時以降、公共交通機 
  関が全線運休の場合、該当生徒は自宅待機とする。ただし、
正午までに公共交通機関が開通した場合には、安全を
  確認し速やかに登校する。

4 その他の自然災害等において、校長の判断で自宅待機とする場合は、午前6時から緊急連絡網で連絡する。

5 その他
(1)南予南部以外に在住している生徒は、在住する地域においての特別警報または暴風警報、暴風雪警報、津波警報
   等の警報に対する対応は、1 〜 3に従う。

(2)公共交通機関が運休の場合は、該当生徒は公欠扱いとする

(3)公共交通機関が運休してない場合は、原則として全員登校する。ただし、自転車通学生等で、危険が予想される
   場合は登校を見合わせること。

(4)自然災害等が予想される場合には、翌日の早朝の部活動等は中止する。

備考
  ・一般的な警報の種類:暴風暴風雪、大雨、洪水、大雪、波浪、高潮、津波

  ・
一般的な注意報の種類: 大雨、大雪、風雪、雷、強風、波浪、融雪、洪水、高潮、
                  濃霧、乾燥、雪崩、低温、霜、着氷、着雪、津波

プリンタ出力用画面
友達に伝える

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project