旅立ちのとき/第71回卒業証書授与式

 本日、3月1日(日)、第71回卒業証書授与式が挙行されました。新型コロナウイルスの影響により、在校生は代表生徒のみの参加で、参加者が、例年よりも少なくなりましたが、厳粛な雰囲気の中で卒業生の堂々とした晴れ姿を見ることができました。また、今年度は、手話通訳もしていただきました。

 校長式辞では、「向き合うべき課題は自分自身の中にある。人間はみな完全ではない。謙虚な姿勢と感謝の心を常に持ち、自己の未熟さを忘れず学び続け道を切り拓いて欲しい」とお話されました。また、PTA会長様からは「目的が変われば人生は変わる。何のために生きているのか見失わず人生を歩んで欲しい」とお言葉をいただきました。

 今後、卒業生の皆さんを待っているのは答えのない社会です。これからたくさんの知識と経験を重ね、多様な価値観に触れて視野を広げたり創造力を高めたりして、大きく成長して欲しいと思います。卒業生の皆さんのこれから進む道が、幸多きことを願っています。ご卒業おめでとう!