ブログ

2019年7月の記事一覧

高校野球決勝結果(VS松山聖陵高校)

 30日(火)坊っちゃん球場にて高校野球愛媛県大会の決勝戦が行われました。序盤で先制点を許し、プレッシャーのかかる中での試合となりました。しかし、攻守ともに最後まで粘り、9年振りの優勝を果たし甲子園への切符を手にしました!勝利を掴んだ瞬間、会場は盛大な拍手と感動に包まれました。帰校後は報告会が行われ、宇和島副市長やPTA会長、保護者会会長など多くの方々にお言葉をいただきました。野球部主将は「この勝利は携わってくれた全員で勝ち取ったもの。結果におごることなく、甲子園では自分たちの持っている力を精一杯発揮したい」と感謝の気持ちと決意を新たにしました。甲子園での牛鬼打線を期待しています!



高校野球準決勝結果(VS聖カタリナ学園)

29日(月)、坊ちゃん球場にて、高校野球準決勝が行われました。対戦相手の聖カタリナ学園から序盤は点が取れず、互いに0点のまま試合が進んでいきましたが、5回裏に宇和島東の牛鬼打線が爆発し、一挙5点を獲得しました。そのまま試合は宇和島東のペースで進み、9回表に1失点しましたが、最終的に5-1で勝利することができました。明日は松山聖陵との決勝戦です。皆さんの応援よろしくお願いします!

高校野球2回戦結果(VS内子高校)

 7月22日(月)西条ひうち球場にて、高校野球の県大会2回戦が行われ、本校野球部は内子高校と対戦しました。天候不順や前の試合の延長の影響もあり開始が遅れましたが、4-0で勝利を収めました。

 次は3回戦でシード校の帝京第五高校と対戦します。

和霊大祭

24日(水)の和霊大祭最終日に行われた、子供行列と神輿出御に、本校男子バスケットボールと男子バレーボール部の生徒が参加しました。昨年は豪雨災害の後ということで行われませんでしたので、今年は2年ぶりの実施となりました。炎天下の中、町中を練り歩き、各自が自分の役割を責任を持って果たすことができたと思います。祭りを見に来ていただいた方々に、喜んでもらえたら幸いです。

いよいよ3年生就職活動開始

いよいよ令和元年度就職活動の幕開けです。9月16日から始まる就職試験に向けて3年生の就職希望者が、熱い就職活動を開始しました。まず、愛媛県警察官についての説明会が行われ、引き続き、自衛隊の説明会が実施されました。これから、履歴書指導や面接指導など進路目標達成へ向けて厳しい日が続きます。

宇和島牛鬼祭り・宇和島おどり大会参加

 ダンス部+有志のメンバーで、第53回うわじま牛鬼祭り・宇和島おどり大会に参加しました。「宇和島商店街」チームとして、祭りを、そして商店街を盛り上げてきました!

 商店街のみなさんに浴衣の着付けやヘアメイクをしていただき、いざアーケード街へ。息もぴったり、元気な掛け声で踊ることができたと思います。結果は、優秀賞!2年生の大内彩加さん、髙田麻奈さんの二人は個人賞も獲得しました。

第30回ガイヤカーニバルに「EAST★DANCE」が参加しました。

EAST★DANCEは、ダンス部が中心となり、一般生徒から参加者を募集して構成された30名余りのチームです。当日は、水色に星のスパンコールとパールを散りばめたきらめく衣装で踊りました。昨年開催されなかったガイヤカーニバルでしたが、私たち高校生の力で盛り上げようと頑張りました。入賞こそ叶いませんでしたが、笑顔満開だったと思います。

 

「高校生記者」が愛媛新聞に掲載されました!

 7月19日(金)付けの愛媛新聞に、全国大会に出場する女子弓道部の記事が掲載されました。今回の記事は「高校生記者」が取材したものです。本校の写真・新聞部の部員が、愛媛新聞社の方々のご指導のもと、取材や写真撮影を行ったものです。来月にはいよいよインターハイ、出場する各部活動の健闘を祈ります!
[掲載許可番号]d20190722-001

南予プログラミング教育勉強会の開催

南予プログラミング教育勉強会 7月21日(日)、本校の情報ビジネス科主催の南予プログラミング教育勉強会を開催しました。
 宇和島市や西予市の小中学校の先生方3名を招き、プログラミング教育について実習を多用して勉強会を進めました。いよいよ来年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるので、出席した先生方は大変意欲的に取り組まれ、計画よりも高いレベルの勉強会になりました。

 

プログラミング教育

 

表彰伝達式及び終業式

 本日は、表彰伝達式及び1学期終業式が行われました。表彰伝達式では、校内ボートレース大会や各種大会の功績が讃えられました。終業式の校長式辞では、「努力を始めたからといってすぐに成果が出るわけではない。半年先を見据えて我慢強く、粘り強く継続して欲しい。夏休みを日頃できない学習活動に充てて、2学期自信を持ってスタートして欲しい」と言葉を述べられました。