メインメニュー
学校案内
SSH
宇東部活動
宇東PTA
宇東同窓会
各種たより
事務室より

2017年11月30日(木曜日)

ゴーギャンの問いに対する生物学的なアプローチ/3年・理数生物

フランスの画家・ゴーギャンの作品に「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」という死生観を描いた有名な絵画(ボストン美術館所蔵)があります。「進化と系統」を学習した理数科3年生の生物選択生19名が、アクティブ・ラーニングで用いられる「ICEモデル」という手法を用いて、この1週間、ゴーギャンの問いに対して生物学的にアプローチしてみました。絵の色彩から「生命は海から生まれて土に還る」と解釈したり、絵の構図から「私たちは進化の流れの一部である」と解釈したりと学びを深めていました。(写真右下)
I(Idea):教科書から問題を作成し、ペアワークによって基本的知識を確認する。(写真左上)
C(Connection):マインドマップによって知識をつなげる。(写真右上)
E(Extensions):グループごとに問いに対する考えをまとめて発表する。(写真左下)
IMG_6214.JPG IMG_6232.JPG

IMG_6233.JPG Scan0001_2.jpg


2017年11月22日(水曜日)

研鑽/アクティブ・ラーニング研修会

  本日は、愛媛大学教育学部 准教授 富田英司 様、愛媛県教育委員会 高校教育課教育指導G 担当係長 田中  圭 様、同 指導主事 細川昌弘 様をお迎えし、アクティブ・ラーニング推進事業に係る第二回公開授業・授業研究会及び先進校視察報告会が行われました。本日は、茨城県立水戸商業高校の2名の先生方、そして、宇和島ブロックの7高校14名の先生方にお越しいただきました。
 公開授業では、飯尾明子教諭による「コミュニケーション英語機廖⊃甲翡扈啅詰,砲茲襦嶌睫害餬廰機廚亮業が行われました。「コミュニケーション英語機廚任蓮▲船腑灰譟璽箸鮴擇蠍に、児童労働の問題を考えるという授業展開で、生徒は積極的に英語を活用し、自分の考えを表現していました。また、「財務会計機廚任蓮∈睫浬表を分析して、得られた結果から企業の活動を考察するという授業展開で、生徒は各グループで主体的・協働的
に話し合っていました。その後の授業研究会では、来校された多くの方々から意見・助言をいただき、アクティブ・ラーニングについて理解を深めることができました。最後に、本校教員がアクティブ・ラーニング先進校の視察報告を行い、先進校の取り組みについて共有しました。このような取り組みを通して、さらにアクティブ・ラーニングを追求し、生徒が社会に出て活躍することのできる資質・能力を身に付けられるような授業をしていきたいと思います。
           
           
                      
h29_alkennsyuukai42_1.JPG 


2017年11月17日(金曜日)

視覚的に理解する/生物2年理系

 皆さんは「クロロフィル」という語句を聞いたことはありますか?本日の2年生理系生物の授業では、葉に含まれる光合成色素の分離実験を行いました。各班が持ち寄った様々な葉にはどんな種類の色素が含まれているのか、視覚的に確かめ理解を深めました。緑葉ではなく、紅葉したモミジを持参した班がありましたが、真っ赤な葉から緑色のクロロフィルが分離された時は、みな感動していました。種の異なる葉から分離された色素、ここからどんな考察をしていくのか次回が楽しみです。

           
           


2017年10月25日(水曜日)

電力自由化について考える/研究授業(マーケティング)

 本日、山下慶子先生のマーケティングの研究授業が行われました。授業では、販売価格の意味を理解し、その販売価格が市場にどういう影響を与えるのかを、電力自由化の事例をもとに考えました。電力自由化により他社とどのような形で競争していくかを、まず自分で意見を出し、グループで意見をまとめ、最後に全体で共有しました。販売戦略をどう立てるかという視点からの学びは、生徒たちが社会に出たときに必要になってきます。この授業を通して、実社会とのつながりを意識しながら今後の授業に取り組んでいってほしいです。

           
           


Learn from Steve Jobs / RS探究

2年4組の生徒たちは、現在、RS探究気箸い授業で、英語を用いて以下の3つの目標を達成できるようにがんばっています。
‖╋修馬辰垢海函
⊆信を持って、聞き手への伝わり方を考えながら話すこと
O斥的に物事を考えること
本日は、Steve Jobsのプレゼンテーションを視聴した後、どのようなプレゼンテーションがより良いものであるのかについて、スライド・話し方・観客の巻き込み方などの様々な観点から話し合いました。来週からは、RS兇慮Φ翔睛討砲弔いPresentation Battleを行います。さて、どのようなプレゼンテーションを見せてくれるのでしょうか。とても楽しみです!

rstakyuu02_1.png image04.jpg
rstankyuu03_1.png rstankyuu05_1.png


意見交わし思考深める/1年生物基礎

 本日の1年生物基礎の授業で「循環器系」の学習を行いました。我々脊椎動物の循環器系について、他の生物と比較することでその特徴や利点などを考えました。今回はジグソー法を用いて、各班の生徒が一人一人責任を持って課題に取り組みました。このような活動を今後も展開していきます。

           
           


2017年10月19日(木曜日)

環境ESDを考える/3年生物探究

 3年生の生物探究の時間に、環境ESD(持続可能な開発のための教育)に関する授業が行われました。SDGs(持続可能な開発目標)の17項目の目標のうち、今回の授業では「1.NO POVERTY(貧困をなくそう)」と「4.QUALITY EDUCATION(質の高い教育をみんなに)」に着目した活動が行われていました。言語の多様性や文字が読める(教育を受けることができる)ことがどれほど重要かを、体験的に学びました。生徒たちは積極的に意見を交わしながら、真剣に取り組み考えを深めました。

           
           


2017年9月11日(月曜日)

考える世界史

 本日は1年生の世界史Aの授業をのぞきました。歴史的事象や反乱などが「なぜ起こったのか」を自分たちで考え、意見をまとめていました。様々な観点から史実を捉えることで、これからを生きていく私たちは歴史から学ぶことがたくさんあります。生徒たちには、社会の変化が激しい今の時代において、常に「なぜ」を考えながら課題解決していく力を身につけて欲しいと思います。

           
           


2017年8月24日(木曜日)

「問い」の追求/アクティブ・ラーニング教員対象研修会

カテゴリー: - higashi014 @ 18時05分28秒

 本日は、本校及び宇和島ブロックのグループ校の教員でアクティブ・ラーニングの研修会を行いました。講師として、愛媛大学教育学部教育心理学准教授の富田英司様にお越しいただき、前半はアクティブ・ラーニングを行う上で重要な「本質的な問い」の設定に関して貴重なお話をしていただき、後半はそれを踏まえて、「本質的な問い」の設定を各教科に分かれて考えました。この研修会を通して学んだことを生かし、深い学びができるような学習指導を行っていきたいと思います。

DSC_0131.JPG DSC_0135.JPG
DSC_0150.JPG DSC_0152.JPG


2017年7月27日(木曜日)

就職ガイダンス開催

 いよいよ就職活動の時期になってきました。7月26日(水)、就職ガイダンスとして、本校生徒と三間高校・吉田高校の就職志望者も参加し、ジョブカフェ愛ワーク主催の面接対策講座を実施しました。講師の福本由美先生に面接時のマナーや模擬面接の指導をしていただき、生徒たちは大変熱心に聞いていました。模擬面接では、他校の生徒が話している様子を見て、本校生徒も大いに刺激になりました。
 また、、厚生労働省委託業務 就職活動準備支援期コースとしてキャリア産業カウンセラーの一色麻生先生に自己PRや志望の動機の書き方などの指導をしていただきました。コミュニケーション力を高める方法や仕事の価値観などを一色先生に指導していただき、生徒たちも就職先の選定の参考になったようです。
H29_syuusyoku_gaidansu01.jpg 
H29_syuusyoku_gaidansu02.jpg 
H29_syuusyoku_gaidansu03.jpg H29_syuusyoku_gaidansu04.jpg


2017年7月25日(火曜日)

アクティブ・ラーニング/グループ校との合同学習会

宇和島東高校は、「アクティブ・ラーニング推進拠点校」の指定を受け、グループ校(7校)とともに、アクティブ・ラーニングの実践研究を推進しています。本日は、グループ校との合同学習会(生徒対象)として、下記の2講座が実施されました。
々盥撮映生対象 難関大学向け国語講座(国語総合(現代文)) 指導者 野中誠也 教諭 
 難関大学入試問題を題材にして客観・論理・構造に基づく思考を身に付けることを目標に、読解力・解答作成力の養成をはかるためのアクティブ・ラーニングを取り入れた授業を行いました。グループで論理展開を考え、理解を深めました。

高校2年生対象 環境学習講座(環境ESD)指導者 若山勇太 教諭
 世界には多様な言語や文化を持つ人々が住んでおり、そこには大きな貧富の格差があります。それらが原因でさまざまな問題が生じています。このような背景を踏まえて、持続可能な社会の開発に向て体験的に学び考えました。

h29_0725al01.JPG h29_0725al04.JPG
h29_0725al05.JPG h29_0725al03.JPG
           h29_0725al02.JPG
           h29_0725al06.JPG


2017年7月19日(水曜日)

公開授業

 本日は公開授業でした。保護者の方々にご来校いただき、普段の授業の様子を参観していただきました。学校の様子を知っていただく良い機会となりました。2学期にも予定されていますので、ぜひ気軽にお越しいただき、生徒たちの学校での生活や取組、頑張りを応援していただけたらと思います。

           
           


2017年7月8日(土曜日)

得意な分野生かして生徒が先生務める/土曜補習

 本日、土曜補習が各学年で行われました。3年生理数科・理数生物の授業では、来週16日(日)に控えた日本生物学オリンピック予選の対策が行われていました。昨年度に受験し、見事上位5%以内の成績を収めた赤松君(当時2年生・優秀賞受賞)が先生として、同級生に試験のポイントや考え方などをアドバイスしていました。幾つかの過去問が出題され、生徒たちは熱心な話し合いの中で答えを導き出していました。生徒の様子を見ると、学ぶ楽しさを感じていることが伝わってきました。来週の予選が楽しみです。

           
           


2017年7月6日(木曜日)

英語でコミュニケーションを深める

本日、自分たちが研究した内容を英語を使って説明し、質疑応答を行う授業が行われました。活動を通して、説明する側と聞く側がコミュニケーションツールとして英語を使い、内容について理解を深めることができました。

H29_comyu1.JPG H29_comyu2_1.JPG


2017年6月22日(木曜日)

固定資産の取得と売却 / 校内研究授業

 本日、商業科 山下慶子教諭による簿記の研究授業が行われました。電子黒板を活用しながら、固定資産の種類と取得した際の仕訳等について理解を深めることができました。グループワークでは、自分の考えと友人の考えを照らし合わせ、意見をまとめることができました。

H29_kenkyushougyou4.JPG H29_kenkyushougyou3.JPG
H29_kenkyushougyou2.JPG H29_kenkyushougyou1.JPG


2017年6月21日(水曜日)

AL研究授業(公開授業)が行われました

 本日、アクティブ・ラーニング(AL)推進事業における公開授業として、理科と家庭科の研究授業が行われ、他校の先生にも多数ご来校いただきました。与えられた課題に対して、生徒たちは活発に意見交換しながら答えを導き出していました。理科では、英語をコミュニケーションツールとして活用し、自分たちの思考を伝えようとチャレンジしました。一人では限界があることも、複数人が集まり、議論することで無限の可能性が広がります。友人や仲間と対話しながら、学びの楽しさを日々感じていきたいですね。
 ◆理科(理数物理) 3年4組 「単振り子の周期に関する探究活動」
    田中善久 教諭  ALT フリア ディヴィナグラシア
 ◆家庭科(家庭基礎) 3年7組 「食生活と環境」
    坂上 舞 教諭

           
           
           
           


2017年6月19日(月曜日)

『羅生門』に描かれた時代の帝として考える/校内研究授業

 本日、野中誠也教諭による国語科のアクティブ・ラーニング校内研究授業が行われました。一人一人が、『羅生門』に描かれた時代の帝として、平安時代の状況を踏まえて、人間としての生き方や善悪の判断基準について考えを深めることができました。話し合うグループも決まった形でなく、自分の席を立って移動しながら多くの人の考えを聞き、感じ方や考え方を豊かにすることができました。

H29_kenkyujyugyoukokugo1.JPG H29_kenkyujyugyoukokugo2.JPG
H29_kenkyujyugyoukokugo3.JPG H29_kenkyujyugyoukokugo4.JPG


2017年6月14日(水曜日)

城山で理解深める/2年生物探究

 2年生の生物探究の時間に、城山の植生観察に行きました。学習した内容を実際に自分の目で確かめることで理解を深めました。道中、「あ、この部分ギャップやない!?」と、自身で気づき、興奮している様子も伺えました。体験や実習を通して、さらに深い学びを続けて欲しいと願います。また、このような豊かな自然に恵まれた地元で学べることに感謝しながら、地域の生物多様性にもますます興味を持って欲しいと思います。
  ※ギャップ…倒木などによってできた空所。多様性の保持において重要な役割を果たしている

           
           


2017年5月26日(金曜日)

互いを高め合う学びを/生物探究(2年)

 2年生の生物探究では、互いが自作の問題を出題し合い、これまでの既習内容を深く確認しました。この手法は、授業担当者が、他の先生に教えていただいた学習法です。生徒だけではなく、教員もよりよいアクティブ・ラーニングを目指して励んでいます!生徒同士、教員同士、生徒−教員が互いを高め合う学びを目指していきます。

           
           


2017年5月1日(月曜日)

集団行動で心を一つに/体育研究授業

 本日6限目、2年3・4組の保健体育(体育)において研究授業が行われました。「情熱の集団行動」という主題で取り組まれ、今日は各クラスの発表会でした。生徒たちは積極的に交流しており、クラスが一致団結することで信頼関係が築かれていると感じました。また、各クラスの集団行動を相互評価しており、より良い集団を目指すきっかけとなっていました。

           
           
           


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project