メインメニュー
学校案内
SSH
宇東部活動
宇東PTA
宇東同窓会
各種たより
事務室より

2018年9月13日(木曜日)

RS騎萋伊楹焚宗/1年生理普科

カテゴリー: - higashi003 @ 16時48分43秒

 2学期に入り、1年生RS気硫歛蠍Φ羈萋阿本格化してきました。それぞれが思考を巡らせながら、実験を繰り返しています。どのようなデータが得られるでしょうか。今後に期待です。

           
           
           


2018年8月30日(木曜日)

「集まれ!理系女子」女子生徒による科学研究発表会に参加

カテゴリー: - higashi025 @ 17時37分50秒

 8月25日(土)に愛媛大学理学部で開催されたリケジョの発表会に、2年生の山本美桜さん、石丸愛美さん、二宮ももさん、濱瀬みづきさんの4名で参加してきました。主体的に準備や練習に取り組んで、立派な発表ができました。積極的に質問するなどして、他校の発表をよく聞き、自分たちの課題研究に役立つ知識や技術を身に付けることができました。

                                


2018年8月24日(金曜日)

愛媛大学研究室体験研修

カテゴリー: - higashi025 @ 08時31分24秒

8月20日(月)〜22日(水)にかけて、愛媛大学の城北キャンパスと樽味キャンパスにおいて、2年生理数科の生徒を対象に愛媛大学研究室体験研修が行われました。
 
開講式にて安全教育の指導を受けた後、最初の2日間は様々なテーマに分かれ、大学教授等に説明を受け実験を行いました。実際に大学で使用する設備や器具等を使って丁寧に指導いただき、生徒も初めて使用する器具や作業に戸惑いながらも集中して実験に取り組みました。最終日にはテーマごとに13班に分かれて実験内容をスライドにまとめ、大学教員を前に体験研修報告会を行いました。
 
3日間の体験研修を終えて、研究に対する知識や実験技術、結果の考察や発表方法等を修得し、今後の課題研究や将来の進路実現にも大変参考になりました。
           

           

           

           

                                


2018年8月17日(金曜日)

愛媛大学研究室訪問に行きました

カテゴリー: - higashi003 @ 12時38分05秒

 8月16日(木)に愛媛大学理学部の研究室を訪問し、課題研究に関する実験等のご指導をいただきました。本校生徒4名が訪問させていただきましたが、研究室を訪れるのは初めてであり、専門機器を使っての実験に興味を持って取り組んでいました。今回の経験を、今後の課題研究活動に十分に生かして欲しいと思います。ご指導いただきました杉浦美羽先生、大学院生の中村さん、高智さん、お忙しい中にも関わらず丁寧にご指導いただき本当にありがとうございました。

           
           
           


2018年8月16日(木曜日)

全国高文祭信州/自然科学部門

カテゴリー: - higashi024 @ 12時36分00秒

 8月7日(火)〜9日(木)の3日間、全国高等学校総合文化祭自然科学部門に本校3年生4名(二宮、松本、徳岡、山口)が参加しました。緊張感を抱えた中「宇和海産貝殻を用いた赤潮の未然防止」について研究発表・質疑応答を行いました。残念ながら入賞は果たせませんでしたが、巡検研修(鹿の解体)、講演会、生徒交流会など充実した3日間となりました。

20180807koubunsaiScience.jpg


2018年8月11日(土曜日)

体験!バイオテクノロジー

カテゴリー: - higashi003 @ 08時26分01秒

 8月10日(金)に、愛媛大学農学部高大連携企画として、応用生命化学コース生命機能学科の渡辺誠也教授にお越しいただき、バイオテクノロジー出張実験(講義)を行っていただきました。生物部の生徒や、農学に興味を持つ生徒たちが参加しました。実際に大学から持ってきていただいた機器等を使いながら、高校ではなかなかできない実験をさせていただき、貴重な経験を積むことができました。準備の段階から渡辺先生には大変お世話になりました。ありがとうございました。

           
           
           


2018年8月10日(金曜日)

平成30年度SSH生徒研究発表会【報告】

カテゴリー: - higashi003 @ 09時38分58秒

 8月8日(水)〜9日(木)の2日間、神戸国際展示場にて標記の大会が行われました。全国のSSH指定校と海外招聘校の約230校が一堂に会し、ポスター発表を行いました。全国の高い水準の研究発表を聞き、大変良い刺激を受けました。全体発表に選ばれた学校の研究は、着眼点がユニークで研究方法もオリジナリティ溢れるものが多く、非常に勉強になりました。ポスター発表を行った生徒たちは、数多くの質問を受けており、今後の研究の質をより高めて欲しいと思います。多方面で多くの方々のご協力をいただき、ありがとうございました。

           
           


2018年7月28日(土曜日)

集まれ理科好き!/宇東科学の祭典

カテゴリー: - higashi003 @ 20時43分00秒

 本日の午後から「宇東科学の祭典」が行われ、多くの小学生や先生方、保護者の方に来ていただきました。昨年度までは「小学生理科講座」と題し、小学生は1つの教室内で理科講座を受講していましたが、今年度はブースを多く設け、子どもたちが興味のある分野を複数体験できるようにしました。本校生徒が先生役を努め、積極的に小学生に関わり一緒に理科を楽しんでいました。「なんでだろう?」の気持ちを大切に、理科好きな子どもたちが増えていくことを期待しています。

           
           
           
           


2018年7月24日(火曜日)

社会共創コンテスト2018表彰式

カテゴリー: - higashi026 @ 09時12分44秒

 7月21日(土)、愛媛大学城北キャンパス南加記念ホールにおいて、社会共創コンテスト2018表彰式が行われました。本校からは課題研究4作品を応募し、研究・探究部門で「地震避難シミュレーションから本校の課題を考察する−1次元セルオートマトンを活用して−」(2年幸田美咲ら9名)がグランプリを受賞しました。2年幸田さん、浅井明日さんが、審査員の方々を前に心のこもったプレゼンテーションを行い、立派な表彰状をいただきました。

                                


2018年7月18日(水曜日)

よいレポートとは何か/RS

カテゴリー: - higashi024 @ 15時08分14秒

 7月18日(火)、6・7時間目の2年生理数科・普通科理系の課題研究「RS供廚砲いて、5月末に行われた科学実験入門のレポートを題材に、よいレポートと悪いレポートについての講義が行われました。生徒の書いたレポートの実例を題材に、読み手のことを考えた文章を作ることが大切ということが取り上げられました。これから課題研究で書く論文や、3年生になってから書く進路に向けた文書でも使えるエッセンスを指導していただき、今後に期待したいと思います。

20180718RS2.jpg


2018年7月13日(金曜日)

創造力を豊かに考え深める/RS探究

カテゴリー: - higashi003 @ 21時49分18秒

 本日のRS探究供複廓理数科)では、英語プレゼンテーション・ディスカッションが行われ、多くの先生方が参観しました。地域の課題を解決するためのアイデアを出し合い、活発なディスカッションが交わされました。どの斑もあっと驚く工夫を凝らしており、感心しました。本日の授業は、オールイングリッシュで進められ、生徒たちも英語をツールとして自分の考えを一生懸命伝えようとしていることが感じられました。大切なのは「伝えようとする」こと、そして「好奇心(Curiosity)」を持ち続けることだと、担当教諭の熱い思いが生徒たちに伝わっていました。この「Curiosity」を胸に、様々な困難にも立ち向かって欲しいと思います。

           
           
           


2018年6月29日(金曜日)

「関東科学体験研修」の説明会が実施されました

カテゴリー: - higashi029 @ 18時41分36秒

 6月29日、本日テスト終了後、1年生普通科・理数科の生徒対象に「関東科学体験研修」の説明会が実施されました。去年参加した3名の2年生がプレゼンテーションを行い、研修内容の説明とともにこの研修を通して、科学の面白さ素晴らしさに触れることができ、進路がより明確になり、勉強意欲が高まったという研修の成果を話してくれました。1年生は、理化学研究所、科学未来館、東京大学訪問など高いレベルで科学の話に興味を持って聞いていました。

            


2018年6月21日(木曜日)

SSH科学実験入門/愛媛大学出張講義

カテゴリー: - higashi024 @ 10時25分43秒

 5月29日(火)の6,7時間目、2年生「RS供廚亮業において、愛媛大学から講師をお招きし、物理・化学系と生物・地学系の2講座に分かれ、出張講義として科学実験入門を行いました。物理・化学系講座では、愛媛大学学術支援センターの助教である岩崎先生と客員准教授である増田先生から、霧箱を用いた放射線の観測やGMサーベイメータを用いた放射線計測に伴う統計誤差について学びました。生物・地学系講座では、愛媛大学教育学部の准教授である向先生から、豆の寸法測定を通して測定誤差の発生要因を考え、エクセルを用いて統計的手法であるt検定やχ検定の扱い方を学びました。受講した2年生は、今回学習した内容を活用し、課題研究でより信頼性の高い測定や統計処理を進めてくれると考えています。

20180529.jpg


2018年6月4日(月曜日)

RS騎胴嶌族歛蠍Φ罎寮功に向け頑張ってます。

カテゴリー: - higashi029 @ 16時41分17秒

 先週のRSでは、3つの講座に分かれてそれぞれで学びを深めました。A講座(基礎理工講座)では、「生活の中の数学」という演題で、高知工科大学名誉教授河野芳文先生による出張講義が行われました。「月の満ち欠けの周期が29.5日になるのはなぜか」、「正多面体が何種類あるか」など身近な事象を、数学を用いて説明し、数学的に考察することの有用性や面白さを学ぶ(味わう)ことができました。B講座(生命環境講座)は、情報講座としてエクセルの使い方やデータのまとめ方などを商業科の先生に教えていただきました。C講座(総合科学講座)では、課題研究のグループに分かれ、研究テーマについて話し合いました。過去のRSの文献を参考にしたり、インターネットを活用し、情報検索するなど、担当教員のアドバイスをもらいながら、意欲的に行いました。

           
           


2018年5月26日(土曜日)

大盛況!宇和島自然科学教室

カテゴリー: - higashi003 @ 18時47分51秒

5月26日(土)に、本校において宇和島自然科学教室とタイアップした小学生対象の理科講座が行われ、100名近くの小学生にお越しいただきました。本校科学系部活動生が中心となり、講座が進められました。第1部は、小学生の「理科自由研究」のテーマを一緒に考えるために、ブレイン・ライティングの手法を用いて自由に意見交換しました。第2部では、物理・地学・生物の3つの分野に分かれて実験や工作を楽しみました。今回の活動が小学生の皆さんにとって、「理科っておもしろい!」のきっかけになってくれればと思います。また、本校生徒にとっても大変有意義な経験となりました。参加していただいた小学生・保護者の皆さん、先生方、そして今回の企画を一緒に立ち上げてくださった宇和島自然科学教室の皆さん、本当にありがとうございました。

                                
           
           
           
           


2018年5月24日(木曜日)

各講座で学びを深める/RS

カテゴリー: - higashi003 @ 20時27分56秒

 昨日のRS気任蓮■海弔旅嶌造吠かれてそれぞれで学びを深めました。A講座(基礎理工講座)では、情報講座としてエクセルの使い方やデータのまとめ方などを商業科の先生に教えていただきました。B講座(生命環境講座)、C講座(総合科学講座)では講師の先生をお招きし、出張講義が行われました。今後の課題研究に活かし、地域から情報発信していくことを期待しています。

B講座:「愛媛みかんの現状とみかん研究所の取り組み」/みかん研究所 藤原文孝 様
    「日本一の養殖産地を「技術」で支える」/愛媛県水産研究センター研究企画室 室長 渡邉昭生 様
C講座:「四国西予ジオパークについて」/西予市役所総務企画部まちづくり推進課ジオパーク推進室
    主任 宇都宮弘志郎 様 ・ 地域おこし協力隊 榊山匠 様

           
           
           
           


2018年5月1日(火曜日)

研究開始!/RS

カテゴリー: - higashi025 @ 20時57分31秒

 本日のRS兇任蓮研究テーマが決まった班は早速研究を始めました。必要な部分を取り分けたり、予備実験を行ったりと積極的に取り組んでいました。まだ研究テーマが決まらない班は過去の論文集やネット検索などで調べながら、どのような研究をするか真剣に考えていました。面白そうな研究テーマを早く見つけて、研究を開始できるようにしましょう。

           

           

           


2018年4月26日(木曜日)

質より量!多様な意見出し合って/RS

カテゴリー: - higashi003 @ 20時15分20秒

 本日のRS気任蓮課題研究テーマを決めるためのブレインライティングを行いました。各班が多様な視点からアイデアを出し合いました。とにかく質より量!できるだけたくさんの意見を出しながら、現実的で創造性あるテーマを模索しました。今後も引き続き「何を何のために研究するのか」深めていきます。頭を柔らかくして積極的に話し合いましょう。

           
           


2018年4月19日(木曜日)

既知×既知=創造/RS欺伉ス峙

カテゴリー: - higashi003 @ 08時58分32秒

 昨日のRS気任蓮∨楾OBである家藤治幸先生に講師としてお越しいただき、出張講義が行われました。「研究はオリジナルであることが大前提だが、何も無いところから何かを築き上げることは難しい。しかし、既知と既知を掛け合わせるとそれは新しいことになる。より多くの知識を身に付けることが創造力を磨くことだ」とお話され、研究に取り組むための多くのヒントをいただきました。生徒だけではなく、教員も大変勉強になりました。家藤先生、ありがとうございました。

主題 「創造」と研究の取り組み方
講師 家藤治幸先生(広島大学客員教授・愛媛大学客員教授)

           
           


2018年4月18日(水曜日)

質の高い研究を目指して/RS

カテゴリー: - higashi003 @ 09時09分20秒

 本校では2年生普通科理系・理数科を対象とした課題研究「RS供廚亮業を設けています。RS兇任蓮∈鯒RS気納茲蠢箸鵑晴歛蠍Φ罎亮舛鬚気蕕妨上させ、地域貢献を目指します。今回は第1回目の授業ということで、班決めと研究テーマの模索を行いました。昨年度の続きを行う継続研究や、過去のテーマを違った視点でアプローチする研究など、質の高い研究活動を目指し生徒たちは積極的に話し合いを行っていました。後半には、昨年度の海外研修について3年理数科の生徒が発表してくれました。これから、様々なことに能動的に取り組んで欲しいと思います。

           
           
 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project