H31SSH事業活動報告

SPH成果発表会に参加

12月17日(火)に愛媛県立宇和島水産高等学校で開催されたスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)成果発表会に参加してきました。
本校の理数科2年生と地学部1年生が課題研究のポスター発表を行いました。また、宇和島水産高校の生徒さんの心のこもった発表を聞くこともでき、大変有意義な経験になりました。

 

関東STREAM研修3日目

 最終日の本日は東京大学を訪問し、本校OBの横山教授の講義を受けたり、OB,OGの先輩方に質問に答えていただいたりしました。講義は、横山先生の研究テーマであるニュートリノに関する内容で非常に高度かつ専門的なものでしたが、噛み砕いて丁寧に説明していただき、生徒たちも話に食らいついていました。全てを理解することは難しかったですが、ワクワクした!と感想を言い合う姿が見られました。昼食時には、先輩方を囲んで様々な刺激的なお話も聞くことができました。この3日間の研修では、多くの情報を直接聞いたり、実際に触らせていただいたり、見せていただいたりし、ホンモノに触れる機会が非常に多くありました。収穫の多い、充実した研修となりました。関わっていただいた全ての皆様、本当にありがとうございました。

関東STREAM研修2日目

 夜の研修会では、科学未来館で学んだことを各班がプレゼンテーションしました。準備時間は非常に短かったですが、うまくポイントをまとめて発表していました。質疑応答では、質問者が納得するまで発表者に食い下がる場面もあり、応答に深まりが見られました。また、昨夜の座談会に参加できなかった本校OBの先輩が本日なら来れる!ということで好意で来てくれ、大学で学んでいることや就職についてなど、様々なお話をしていただきました。ありがとうございました。明日はいよいよ東京大学へ!多くのことを感じ取って実りある時間にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 午後からは、日本科学未来館を訪問しました。各グループに分かれて、それぞれが担当するテーマを調べてスライドにまとめました。夜の研修会で発表する予定です。科学未来館では、宇宙、生命、ロボットなど、様々な科学技術のブースがあり、楽しみながら幅広く学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 2日目は、午前中にAWS(アマゾンウェブサービスジャパン)を訪問しました。本校卒業生の宇都宮聖子さんにAIに関するご講義をいただいたり、社員の針原佳貴さんには実際にAIの顔認証システムを体験させていただいたりしました。その後、質疑応答を行い、社内見学もさせていただきました。最先端技術に触れたり、設備の整った社内を見学させていただき、生徒たちは大興奮でした。企業理念や仕事に対する熱い想いをお聞きすることができ、多くの刺激を受けました。宇都宮さん、針原さん、大変お忙しい中、ありがとうございました。

関東STREAM研修1日目

 夜はOB,OGの先輩たちと座談会を行いました。高校時代の勉強方法や大学生活のことなど、様々な質問に答えていただき、有意義な時間を過ごすことができました。先輩方、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 午後からは、住友化学筑波研究所を訪問し、研究室を案内していただいたり、先端技術を噛み砕いて説明していただきました。生徒たちからは質問が尽きる事なく挙げられ、それに対して1つ1つ丁寧にお応えいただきました。OBの大先輩や、他の社員の方々のお話からは、ご自身が携わっている仕事(研究)に対する責任と誇り、熱い想いとやりがいを持って取り組まれていることがひしひしと伝わってきました。会の最後には、OBで今回の研究所訪問のきっかけを作って下さった中村さんから、生徒たちに熱いメッセージもいただきました。所員の皆様、長時間に渡り本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日から、2泊3日で関東STREAM研修に行ってきます。出発に際して、高野教頭先生から激励の言葉をいただきました。これから飛行機に搭乗です。

関東STREAM研修事前学習会の様子

 1年生理普科の26名が、1月10日(金)〜1月12日(日)までの3日間、関東STREAM研修に参加します。放課後、第6回目の事前学習会が行われました。本日はSSH課長の田中先生からお話をいただいたり、iPadを利用した資料作成の練習などを行いました。実際に現地に行くことでしか経験できない様々な刺激に触れて、収穫の多い研修にしていきましょう。

今年最後の研究活動/RSⅡ

 本日のRSⅡは、今年最後の時間となりました。年度末には、成果報告会が控えています。残りの研究活動の時間は少ないですが、限られた時間を有効に使いましょう。成果が挙がることを期待しています。

多様なアドバイスいただく/RSⅡ中間報告会

 本日、RSⅡ中間報告会においてポスター発表が行われました。他校の先生や大学の先生など、多くの方にポスター発表を見ていただき、様々な角度からアドバイスをいただくことができました。会の最後には、運営指導委員長の佐野栄先生から「研究活動で一番大事なのは、その研究に没頭すること。のめり込むこと。その研究を面白がること」とお話いただきました。成果報告会まであと数ヶ月、本日いただいた助言を活かし、楽しみながら課題解決を目指して欲しいと思います。

出張講義が行われました/RS探究Ⅱ

 11月18日(月)に3年生理数科対象のRS探究Ⅱの時間において、出張講義が実施されました。防災に関する内容の講義が、オールイングリッシュで行われ、うなずきながら講義に聞き入る生徒もいました。質疑応答も英語で行われ、スピーキングが得意ではなくとも、必死に自分の考えを伝えようとする好姿勢が見られました。足下の悪い中、また大変お忙しい中お越しいただきましたネトラ先生、ありがとうございました。

内容 Natural Disasters  ー Some Recent Events and Disaster Awareness ー
講師 愛媛大学社会共創学部環境デザイン学科 准教授 BHANDARY Netra Prakash 先生

多方面から助言いただく/RSⅠ中間発表会

 本日は、1年生理数科・普通科対象の課題研究RSⅠの授業において、中間発表会が行われました。愛媛大学から先生や大学院生、また教育センターの先生方にもお越しいただき、研究に関する様々なアドバイスをいただくことができました。今回得られた質問や助言をもとに、残り半年の研究活動をより良いものにしていって欲しいと思います。

研究再開!/RSⅡ

本日は2学期最初のRSⅡが行われました。1学期末に大学院生からのアドバイスを受けたグループは、そのアドバイスを元に研究内容の見直しをしていました。研究グループの中には、データ測定が完了し、データ分析をしているグループもありました。11月の中間報告会に向けて計画的に進めていきましょう!

「集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表会 四国大会」参加

 本校からは、理数科2年 須田羽未さん、引野稜子さんの二名が参加し、課題研究「画像解析を用いた環境要因が及ぼす真珠の評価」を立派に発表してきました。女性研究者から今後の課題研究の取組において参考になる、質疑や助言をいただきました。交流会では、他校の生徒や愛媛大学等の女性研究者と意見を交換し、貴重な時間を過ごすことができました。

 

愛媛大学研究室体験研修を行いました

 8月19日(月)~21日(水)の3日間、愛媛大学において2年生理数科の生徒を対象に、標記の研修が行われました。工学系・理学系のコース、農学系のコースに加え今年度からは医学系コースも新設していただき、例年以上に貴重で充実した実験実習をさせていただくことができました。最終日は、研修内容をまとめプレゼンテーション発表を行いました。各研究室でご指導いただいた先生方やTAの皆さんにも参加いただき、活発な質疑応答が展開されました。指導講評では「鋭い質問を受け、自分が何が分かっていないかを知ることが大切。勉強して知らないことを知り、また疑問にぶつかり、勉強して知見を深め繰り返しで自身を成長させて欲しい」とお言葉をいただきました。
 今回の研修にあたり、事前の計画や準備から大変お世話になりました各先生方、サポートをいただいたTAの皆さん、その他様々なご配慮をいただきました関係各所の皆さん、本当にありがとうございました。


令和元年度SSH生徒研究発表会にてポスター発表賞を受賞しました。

8月7日(水)・8日(木)に神戸国際展示場にて令和元年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会が開催されました。日本全国のSSH指定校やSSH経験校から、また、海外の招へい校から、200を超える学校の生徒が集いました。ポスターセッションは6時間以上に及ぶ中、他校の生徒の素晴らしい課題研究の発表にたくさんの刺激を受けるとともに、本校から参加した、理数科3年の堀内文太さん、土居涼子さんも立派な発表であり、課題研究「チェッカージャンプの一般化」が「ポスター発表賞」を受賞しました。 

第5回かはくプレゼンテーション大会

 7月28日(日)、新居浜科学博物館において第5回かはくプレゼンテーション大会が行われ、本校から3班5名の生徒がポスターセッションに出品しました。残念ながら上位入賞は果たせませんでしたが、発表・質疑応答で審査員や他校の生徒と積極的に交流し、新たな課題と研究のヒントを得ることができました。

 

科学って面白い!/宇東科学の祭典

 7月27日(土)午後から本校において、宇東科学の祭典が行われました。今年度は、本校教員だけではなく、小学校の先生や宇和島自然科学教室の先生方も講師として参加し、計8ブース出展しました。80名を超える小学生と保護者の方々も参加され、大盛況でした。科学って面白い!


エクセルの技術学ぶ/RSⅠ情報講座

 7月4日(木)RSⅠの授業において、情報講座が行われました。本校の商業科教員が講師として、理数科・普通科の1年生を対象に、エクセルの技術指導にあたりました。普段エクセルを使わない生徒が多く、苦戦しながら関数を使い、表やグラフを作成しました。今後の課題研究で多くのデータを収集していきますが、今回学んだことを最大限生かして、データの適切な処理や効果的な示し方を身に付け、発信力を高めていきましょう。

科学実験入門が行われました

 2年生普通科理系・理数科対象の課題研究「RSⅡ」において、標記の講義が行われました。今回は、愛媛大学より講師の先生にお越しいただき、「物理・化学」と「生物・地学」の分野に分かれて実験データの取り扱いに関する講義を行っていただきました。生徒たちは、得られたデータの統計処理の手法や意義を学ぶことができました。今後の課題研究活動に大いに生かしていきましょう!


出張講義が行われました/RSⅠ

 5月30日、1年生理数科・普通科RSⅠにおいて出張講義が行われました。今回は、A講座「数学・物理学系」とB講座「生物・農学系」の2つの講座で、それぞれ講師の先生をお招きして講義をしていただきました。地域産業の特徴や、身近に数学を感じられる内容の講義をしていただき、これから課題研究テーマを決定していくにあたって非常に有意義なお話を聞くことができました。

科学の魅力伝える/宇和島自然科学教室

 5月25日(土)に、本校を会場として宇和島自然科学教室が行われ、小学生や保護者の方にご参加いただきました。今回は物理系・地学系・生物系の3つのブースを設け、小学生は自分の興味のあるブースに参加しました。本校科学系部活動の生徒が講師役として小学生に丁寧な説明を行い、双方共に楽しみながら科学の魅力を感じている様子であり、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

さらに充実した課題研究活動へ/2年生RSⅡ

 本校では、2年生普通科理系と理数科を対象とした課題研究活動「RSⅡ(リージョナルサイエンスⅡ)」という授業が行われています。昨年、一年間課題研究を行ってきた生徒たちが、今年度はさらに充実した研究を目指します。本日はオリエンテーションとして、3年生の先輩に海外研修のプレゼンテーションを行ってもらったり、班決めや研究テーマを模索したりしました。自ら課題を見つけ、解決していく力をこれから更に養っていくことを期待しています。


RSⅠオリエンテーションが行われました

 本校では、SSH事業の一環として、1年生理数科・普通科の生徒を対象とした課題研究「RSⅠ(リージョナルサイエンスⅠ)」という授業が行われています。1年間を通じて課題研究に取り組み、課題発見力や解決力を養います。本日はオリエンテーションが行われ、2年生の先輩に、1年間取り組んできた研究成果をプレゼンテーションしてもらいました。1年生は真剣な眼差しで発表を聞いていました。これからどのような研究を行っていくのか楽しみです。

四国地区SSH生徒研究発表会に参加しました。

 四国地区のSSH指定校9校(愛媛県立宇和島東高等学校、愛媛県立松山南高等学校、愛媛県立西条高等学校、高松第一高等学校、香川県立観音寺第一高等学校、徳島県立脇町高等学校、徳島県立城南高等学校、徳島県立徳島科学技術高等学校、高知県立高知小津高等学校)が、課題研究の取組の活性化を図るため、高知県立高知小津高等学校に集まり、生徒研究発表会が行われました。
 頂いたアドバイスや他校の実験・観察手法などの取組を参考にし、自分たちの課題研究を充実させましょう。また、他校の発表の伝え方や見せ方を参考にして、プレゼンテーション力などを身に付けてください。