校長挨拶

令和2年度 第1学期 校長メッセージ

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


   愛媛県立宇和島東高等学校長 松本 耕太郎

 

 新型コロナウイルスの影響により、3月より臨時休業となり春季休業に入りました。世界的な感染拡大は未だにその衰えを見せることがありません。我々も現状できることを一つ一つ丁寧に対処していくしかないと思います。

 そのような中、皆さんは高校生としての教育活動をどのように進めていけばよいかをしっかりと考える必要があります。今日はそのことを踏まえて二つのことをお話しします。

 今回の臨時休業が決まった時、先生方は皆さんの家庭での学習活動等に備えるため、限られた短い時間の中で様々な準備を行いました。健康管理や学習に関することはもちろん、学年や教科や部活動の各分野において、皆さんの自宅待機に対応した支援を行うため、資料等を作成しました。先生方のそのような努力に感謝しながら思ったことは、皆さんにとってこの期間は、生活面では不便さを感じるものの、自ら考え主体的に活動する貴重な時間であると考えました。授業や与えられた課題、放課後の部活動、自分のやりたい課題にじっくり取り組む時間を確保することが難しい日々の生活の中で、絶好の時間ではないかと思ったからです。学ぶことに対する真の実力が、このような機会に現れてきます。与えられた同じ時間でも、それをいかに使うかは、その人間の意識によって雲泥の差がつくことをしっかり考えてほしいと思います。

 二つ目は、不幸にして感染された方やそのご家族、同僚や関係者に対する心無い差別や偏見の問題です。人が抱く無知な恐れが、最もつらい思いをしている人を、心無い誹謗中傷により二重の苦しみに追い込んでいる現状があります。私たちが恐れるべきは人間に対してではなく、ウイルスの感染について正しく知り、一人一人が十分な対策を行って生活しているかという点です。重篤化する人は、高齢者や持病を抱えた人に限定するかのような情報が流れたことも一時期ありましたが、皆さんもよくわかっているように年齢を問わず感染の拡大が見られることはもはや明らかです。自分は大丈夫という根拠のない考えは通用しないことを改めて自覚し、自分の命は自分で守る意識を強く持ってください。そして感染された方々の人権や生活は当然守られるべきものであることを改めて理解し、つらい思いをされている方を支えられる人になってほしいと思います。

 最後に、我々の生活は今後どのように変わっていくか見通しは立ちませんが、できないことを悲観するのではなく、互いに協力しながらこの逆境を跳ね返し、感染の終息に向けた行動を一人一人が心がけてください。

このような状況であるからこそ、皆さんが人として大きく成長してくれることを期待して、1学期初めの式辞とします。