校長挨拶

  校長挨拶 

 愛媛県立宇和島東高等学校のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
 令和4年4月に着任しました校長の重松 聖二(しげまつ せいじ)と申します。
 本校は、今年度、創立127年目を迎えた県内屈指の伝統校です。平成20年に定時制、令和3年に津島分校が加わり、互いに連携しながら「オール宇和島東」で取り組んでいます。
 現在、本校全日制には普通科、理数科、商業科があり、本年度は831名の生徒が、「敬愛・自律・進取」の校訓のもと、文武両道をモットーに、各自の進路実現を目指し、活気ある中に心温かい仲間が集い、充実した高校生活を送っています。毎年多くの生徒が国公立大学への合格(昨年度は102人(うち現役生96人))、多くの検定試験等の資格取得していく一方で、部活動にも熱心に取り組み、限られた時間の中でどのように成果を上げるか、生徒が主体的に、創意工夫して取り組み、多くの運動部や文化部が全国大会、四国大会に出場するなど、大きな成果を収めています。
 また、平成25年度に文部科学省から指定を受けたスーパーサイエンスハイスクール事業(SSH)は、第2期の5年目を迎え、本校の教育活動の大きな柱となっています。今期は「Regional Innovation -「科学の力」で地域を変える-」を目標に掲げ、生徒の科学的探究能力、コミュニケーション能力、国際性、地域貢献力等を高め、「科学の力」で地域に貢献できる科学技術人材を育成するため、全校体制で日々の実践に取り組んでいます。
 ホームページでは、様々な学校行事や授業や部活動における生徒の活動の様子を随時お伝えしたします。
 特に、高校入試を控えた中学生にとって進路選択に有益な情報や本校の魅力を紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。
 また、本校定時制、津島分校もそれぞれホームページを開設しておりますので、それらを通して、宇和島東高校への関心を高めていただければと思います。
 今後とも、本校への温かなご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 令和4年4月

 愛媛県立宇和島東高等学校長 重松聖二