本校では、台風等の接近による自然災害等に対する対応について、次のように取り決めております。

 

1 午前6時以降南予南部特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報のうち、少なくとも1つが発令されている場合は、全員自宅待機とする。
  ただし、正午までに特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報が解除された場合には、安全を確認して速やかに登校する。午後も特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報が継続して発令されている場合には、終日自宅待機とする。

2 登校後、南予南部に特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報が発令された場合は、状況を判断してその都度指示する。

3 南予南部に特別警報または暴風警報暴風雪警報津波警報以外の警報が発令され、午前6時以降、公共交通機関が全線運休の場合、該当生徒は自宅待機とする。ただし、正午までに公共交通機関が開通した場合には、安全を確認し速やかに登校する。

4 在住地から本校までの通学経路の自治体において、避難準備以上の避難情報が発令されている場合、該当生徒は
自宅待機とし、必要に応じて在住地域の実情に即した適切な避難行動を取ること。また、登校後、避難情報が発令された場合は、状況を判断してその都度指示する。ただし、避難情報が解除された場合は、1の対応に従う。

5 その他の自然災害等において、校長の判断で自宅待機とする場合は、午前6時から緊急連絡網で連絡する。

6 その他
(1)南予南部以外に在住している生徒は、在住する地域においての特別警報または暴風警報、暴風雪警報、津波警報等の警報に対する対応は、1 ~ 3に従う。

(2)公共交通機関が運休の場合は、該当生徒は公欠扱いとする。

(3)公共交通機関が運休してない場合は、原則として全員登校する。ただし、自転車通学生等で、危険が予想される場合は登校を見合わせること。

(4)自然災害等が予想される場合には、翌日の早朝の部活動等は中止する。

備考
  ・一般的な警報の種類:暴風暴風雪、大雨、洪水、大雪、波浪、高潮、津波

  ・一般的な注意報の種類: 大雨、大雪、風雪、雷、強風、波浪、融雪、洪水、高潮、
                  濃霧、乾燥、雪崩、低温、霜、着氷、着雪、津波