お知らせ

◇平成31年度推薦入試の要項です。→ H31suisen.pdf

 全国高等学校サッカー選手権大会応援ツアーについての詳細はこちらです。
  ・生徒応援要項  
→ 01_seitoouen_youkou.pdf
  
一般応援チラシ → 02_iltupanouen_tirashi.pdf 

  ・一般応援申込書 → 03_iltupanouen_mousikomi.pdf

◇旧ホームページへのアドレスはこちらです。

   https://old-uwajimahigashi-h.esnet.ed.jp/cms/  ※旧ホームページは平成32年3月末まで閲覧できます。

新着

H30宇和島東Topic

激戦クラスマッチ

 期末考査も終わり、今日はクラスマッチが行われました。各競技白熱した接戦が繰り広げられました。結果は以下の通りです。今日は一段と寒い1日で、体も疲れていると思います。しっかりと休んで明日からの授業に備えましょう。応援に駆けつけてくださった保護者の方々、ありがとうございました。

宇和島市役所正面に応援懸垂幕が掲げられました!

 サッカー部が第97回全国高校サッカー選手権大会へ出場することになり、地域の皆様から毎日たくさんの応援を頂いております。
 本日は、宇和島東高校全国高校サッカー選手権大会出場後援会(会長:岡原文彰宇和島市長)に作成していただいた応援懸垂幕を宇和島市役所正面に掲げていただきました。懸垂幕の前で岡原市長、野村校長、赤松監督が力強く握手し、地域の温かい応援に感謝しつつ、全国の強豪に立ち向かう決意を新たにしました。

 

識字学級に参加してきました

 本校人権委員会11名が、12月5日に今年度第3回識字学級に参加してきました。他校の生徒の方と共にうどん作りをし、楽しく昼食をいただいた後で、学習会が行われました。食事の際の「いただきます」や「ごちそうさま」という言葉を深く考えた上で、協力してつくったうどんは、いつも以上に味わい深いものとなりました。学習会では、宇和島市内の人権に関する出来事と向き合ってきた方の実体験を直接伺うことができました。今日の学びを、全校生徒に還元していきたいと思います。

 

第97回全国高校サッカー選手権大会出場に伴う応援計画について

 皆様すでに御承知のとおり本校サッカー部が第97回全国高校サッカー選手権大会愛媛県大会を8年ぶりに制し、12月30日から関東地区で開催されます全国大会に出場することとなりました。そこで学校ではサッカー部の健闘をたたえ、学校をあげての応援を計画しております。

 本校生徒の応援団募集については、既に保護者の皆様にお知らせの文書を配布していますので、3年生の受験をはじめとして年末年始にかけて様々な計画がおありかとは思いますが、できる限りの参加御協力をお願いします。

 また、今回の出場に伴い本校同窓生や地域の皆様から「応援の一般参加はできないのか」との声をたくさん頂戴いたしましたことから、先日、宇和島市岡原市長を会長として組織されました出場後援会を中心としまして、別添のとおり「第97回全国高校サッカー選手権大会宇和島東高校応援ツアー」を企画いたしました。

 本校に現在在学している生徒以外の皆様におかれましても、郷土の代表として全国の大舞台で挑戦していく本校の生徒たちを一緒に応援していただける方がおられましたら是非この応援ツアーにお申込みいただけたらと思います。

 来るべき平成最後となる新年、地域一丸となって一緒に盛り上がりませんか。

・生徒用応援 要項  → 01_seitoouen_youkou.pdf
・一般用応援 チラシ → 02_iltupanouen_tirashi.pdf 
・一般用応援 申込書 → 03_iltupanouen_mousikomi.pdf←クリックしてください。

第32回愛媛県高等学校総合文化祭 美術・工芸部門

11月17日(土)に愛媛県美術館南館で行われた高文祭に、美術部が参加してきました。
今回、出品された県内の美術部の作品を鑑賞し、作者の思いを聞くことや、意見を交換することで、
次回作への熱を蓄えることができたのではないかと思います。
そのなか、本校美術部の2年生 宇都宮怜奈さんと 善福和真君が選考委員賞を受賞しました。

宇都宮 怜奈 「廃墟」善福 和真 「Don't 来い」

宇都宮 怜奈 「廃墟」                     善福 和真「Don't 来い」

H30SSH事業活動記録

外国人研究員による出張講義が行われました/RS探究Ⅱ

 3年理数科を対象とした「RS探究Ⅱ」において、外国人研究員の先生を講師としてお招きし、出張講義が行われました。世界の先端研究について英語で紹介していただくとともに、生徒たちと活発な質疑応答が行われました。質疑応答では、一回の応答で終わらずに、何度も意見交換し議論を深めていました。今回の講義はオールイングリッシュでしたが、英語はコミュニケーションツールの一つ。大切なのは自分の考えを主張することです。今後も自分の意見や考えを積極的に発言して欲しいと思います。

講師 愛媛大学防災情報研究センター 副センター長
   Bhandary Netra Prakash 先生

題目 Natural Disasters - Some Recent Events and Our Disaster Awareness -

よりよい研究を目指して/RSⅠ

 今日のRSⅠでは、先週の中間発表会で得られた指摘やアドバイスをもとに、今後の計画を練り直したり、実験の改良を行っていました。自分たちの疑問や不思議に思ったことをとことん探究し、よりよい研究を目指して欲しいと思います。

RSⅠ中間発表会が行われました

 10月25日(木)に、1年生理数科・普通科におけるRSⅠにおいて中間発表会が行われました。この約半年間で取り組んできた研究内容をまとめ発表し、それに対して活発な質疑応答が行われました。教育センター指導主事の先生方にもお越しいただき、専門的な見地から様々なアドバイスをいただくことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。今後の研究内容をさらに深化させて欲しいと思います。

中間報告会まで1週間/RSⅠ

 来週の中間報告会に向けて、プレゼンテーションの作成に苦労している1年生です。自分たちの研究の途中経過をどのように表現すれば伝わるか、いろいろ工夫しています。パソコン教室は椅子に座れない生徒もいるほど多くの生徒が集まっていました。良い発表ができることを期待しています。