ブログ

R4_SSH事業活動記録

三田学園交流会(RR)

本日7限目に2年生普通科文系生徒が兵庫県の三田学園中学校・高等学校の中学三年生と交流活動を行いました。三田学園の中学生がまとめた発表を聞き、質疑・応答を行いました。
中学生の堂々とした発表を本校の生徒もメモを取りながら真剣に聞いていました。これからも交流事業を通じて、南予地域の良さを再確認し、PRしていきます。

【三田学園中学校発表タイトル】
「三田発見ワーク」
「三田の魅力 自然豊かな三田の街の魅力をまとめました」
「三田市 食の魅力」
「三田の魅力 三田で話される方言」
「三田の魅力 ビール検定〜水軍〜その他諸々」
「三田の課題と目標」
「三田市魅力を育てよう」

テーマ検討会/RSⅠ

6月9日(木)、RSⅠの時間に、課題研究のテーマ検討会を行いました。愛媛大学の教職大学院生4名にもTAとして参加していただき、各ブースに分かれて、先生方から研究のテーマについてアドバイスをいただきました。最後には、愛媛大学教育学部の向先生より研究の進め方に関する御助言をいただきました。これからどのように課題研究をしていくかを見つめ直すために、今回の機会は非常に充実した時間となりました。本日のアドバイスを受けて、各班で協力して、質の高い研究にしていきましょう。

 

「リージョナルサイエンス探究Ⅰ(RS探究Ⅰ)生命倫理出張講義」

本年度の出張講義は、松野町中央診療所副所長 田中徹也氏、松野町役場保健福祉課長 上本惠子氏の2名をお招きし、6月7日(火)2限目、生物実験室にて、2年生理数科40名を対象に実施されました。田中徹也氏のご出身である自治医科大学のお話や医師になるまでの歩みのほか、南予の地域医療の現状や終末期医療についてお話しいただいた後、後半はグループワークを実施しました。家族が終末期医療を考えなければならなくなった時、自分ならどう考えどう行動するかなど、家族や社会について立ち止まって考えるよい機会となりました。自分自身や家族の人生をより深く考えながら、自分の将来に向かってしっかりと歩みを進めていきましょう。

出張講義③/RSⅠ

6月2日(木)、RSⅠの時間に、講師として愛媛県水産研究センターの谷川貴之さんにお越しいただき、『南予の水産業について ~日本一の養殖産地を「技術」で支える~』を演題に講演していただきました。「水産王国えひめ」に住む私たちとして、愛媛県の水産業について知っておきたいことをたくさん学ぶことができました。最後の質問コーナーでは多くの生徒が挙手をして質問することができました。これまでにRSⅠで講演していただいた3回の出張講義での学びを、今後の課題研究に生かしていきましょう。

  

RSⅡ

5月31日(火)6・7限にRSⅡを行いました。それぞれの班が前回の授業で愛媛大学の大学生・大学院生にいただいたアドバイスを基に課題研究に取り組みました。研究が深まっていくように充実した活動をしていきましょう。

 

出張講義②/RSⅠ

5月26日(木)、愛媛県農林水産研究所果樹研究センターみかん研究所二宮泰造所長を講師にお招きし、出張講義をしていただきました。愛媛みかんの現状やみかん研究所の取組をテーマに講義をしていただき、ブラッドオレンジ産地化の取組は特に印象に残りました。本校生徒からの質問にもあたたかくお答えいただきました。今回お話していただいたような地域の素材を生かした研究への取組を、今後の自分たちの課題研究に生かしていきましょう。

出張講義/RSⅠ

5月12日(木)のRSⅠは、四国西予ジオミュージアム学芸員の榊山さんに講師としてお越しいただき、出張講義を行っていただきました。4月23日に開館したばかりの西予ジオミュージアムの紹介をはじめ、課題研究をしていく上での留意事項をお話していただきました。後半のワークショップでは、各自が興味のあることを「MY WILL LIST 50」としてワークシートにまとめ、グループの仲間と意見交換しました。これから研究テーマを決定していく際に、本日の学びを生かしていきましょう。

三田学園との交流事業

本日、神戸市にある三田学園中学校・高等学校の中等部の生徒とオンラインで交流事業を行いました。
昨年のSSH研究成果報告会で発表してくれた課題研究を三田学園の生徒の皆さんに視聴していただきました。
三田学園の生徒の皆さん、ありがとうございました。

 以下、発表に使われたパワーポイントデータです。ご覧ください。

1 折り紙の構造に着目した反射望遠鏡の形状の考察
2 カキの生息条件
3 河内晩柑の酸味で減塩 

研究班決定/RSⅠ

4月28日(木)、3回目のRSⅠは体育館で、班決めを行いました。大きな分野ごとに、3名~6名の班を構成しました。1年間研究を共にしていく仲間が決まり、今後は研究テーマをしっかり考えていきます。

テーマ検討/RSⅠ

4月21日(木)、2回目のRSⅠは体育館にて、テーマ検討と先行研究調査を行いました。担当の窪地先生から研究を進める上で大切なことについてお話をいただき、希望する研究テーマの分野ごとに分かれて、先行研究の調査を行いました。これから1年間研究していく大切なテーマです。仲間と知恵を出し合ったり、先生方にアドバイスをいただいたりしながら、「これまで明らかにされていないことで、自分が明らかにしてみたいこと」を見つけていきたいですね。

 

RSⅠオリエンテーション

4月14日(木)6限・7限に、1年生理数科・普通科を対象に、RSⅠ(Regional ScienceⅠ)のオリエンテーションが行われました。中尾SSH推進課長のお話のあと、2年生の先輩の研究についての発表や関東STREAM研修についての発表を聞きました。これから研究テーマを検討し、18名の担当の先生方と課題研究を実施していきます。SSHの一員となった新1年生と一緒に、さまざまな研究ができるのが楽しみです。

四国地区SSH生徒研究発表会

4月10日(日)に「令和4年度 第10回四国地区SSH生徒研究発表会」がオンラインにより実施されました。本校からは「段ボールの構造による防音効果」の研究班が代表として発表を行いました。Web会議システム「Zoom」を利用して、大学の先生のアドバイスを頂いたり、同世代の中高生と有意義な意見交換を行ったりしたことで、今後の課題研究へのモチベーションになりました。

ブログ

R3_SSH事業活動記録

令和3年度SSH研究成果報告会

3月10日(木)、南予文化会館にて、令和3年度SSH研究成果報告会が開催されました。ステージ発表では、RSⅠ・RSⅡの代表班が3班ずつ研究の成果を発表しました。また、同じ愛媛県のSSH指定校である松山南高校と西条高校の研究発表の動画も上映されました。ポスターセッションでは、2年生のRSⅡの発表を産業振興センターで、1年生のRSⅠの発表を袋町商店街で行いました。袋町商店街でのポスターセッションは初めての取組でしたが、地域の方々にも御理解・御協力をいただき、素晴らしい発表の機会となりました。関係者の皆様、大変ありがとうございました。閉会行事では、愛媛大学教育学部教授の佐野栄先生が、ブラックホールの撮影に成功したことを例にお話しされ、未知なる仲間との研究を大切にしてほしいというお言葉をいただきました。来年度は10年目を迎える宇和島東SSH。佐野先生の指導・講評にもありましたように、さまざまな人との出会い、仲間との協力、そして研究ができることへの感謝の気持ちを大切にして、来年度の研究も頑張っていきたいと思います。今年度のSSH事業に関わっていただいた皆様、大変ありがとうございました。来年度も引き続き、宇和島東高校SSH事業をよろしくお願いいたします。

 

UWAJIMA EAST SCIENCE DAY②

1月25日(火)、2年3組と2年4組の希望者を対象に、UWAJIMA EAST SCIENCE DAY②が開催されました。例年1月に行われるSSH海外研修の代替行事です。本校の生徒17名とマレーシアのSMK INDAHAPURAの高校生約30名と愛媛大学留学生10名がオンラインで交流しました。午前中には、両校の高校生が課題研究で取り組んでいる内容を英語で発表しました。また、クリアファイルを使って水に浮かべる船を作り、どのようにしたらたくさん重りを載せることができるかという実験とディスカッションを行いました。午後には、"Bottled Water Should be Banned."というテーマでディベートを行いました。生徒たちは真剣なまなざしで活動に取り組んでおり、英語を使って科学に関して発表したり話し合ったりする自信を深める機会となりました。

UWAJIMA EAST SCIENCE DAY①

12月6日(月)6限・7限に、2年3組・2年4組を対象に、SSH国際性育成事業の一環として、UWAJIMA EAST SCIENCE DAYの1回目が開催されました。講師として愛媛大学留学生10名に参加していただき、Zoomのブレイクアウトルーム機能を活用して、英語でコミュニケーションを図りました。前半はRSⅡの研究内容を英語でプレゼンテーションして、留学生から質問やコメントをいただきました。後半は、"Bottled water should be banned."というトピックについて、英語でディスカッションを行いました。2回目は1月に開催されます。今回、英語で伝える面白さや難しさを実感したので、次回は自分の考えを英語でしっかり伝えられるように頑張ります。

RS探究Ⅱ出張講義

11月15日(月)6限・7限、3年生理数科を対象に、愛媛大学社会共創学部のNetra Prakash Bhandary先生に出張講義をしていただきました。「Natural Disasters - Some Recent Events and Our Disaster Knowledge Level -」というテーマで、世界や日本の自然災害の状況について英語で講義をしていただきました。後半には、グループに分かれて防災に関してディスカッションをするワークショップが実施され、生徒たちは自分の考えを英語で発表していました。生徒たちは、英語の講義を理解しようと一生懸命聞いて、ディスカッションではなんとかして自分の考えを英語で伝えようとしていました。いつ起きるか分からない自然災害に向けて、日頃から備えておくことはもちろん、防災の重要性を発信できる地域のリーダーになってほしいと思います。

  

英語プレゼンテーション②/RS探究Ⅱ

7月15日(木)、3年4組がRS探究Ⅱの授業で、愛媛大学留学生とZoomを通して、英語によるプレゼンテーションやディスカッションを行いました。3限にRSⅡの研究発表を英語で実施し、4限と5限は"To Make a Brighter Future in Uwajima"という主題で、地域医療グループ・自然保護グループ・地域産業グループの3つに分かれて英語ディスカッションを行いました。Zoomのブレイクアウトルーム機能を用いることで、留学生1人と高校生2~3人が1つのグループとなり、多くの生徒が留学生と英語でコミュニケーションを取ることができました。Teamsでファイルを共有したり、Zoomでパワーポイントを画面共有したりと、生徒たち自身が考えて、一人一台端末を有効に活用していました。5限は、第1回SSH運営指導委員会の参観授業であったため、多くの先生方に、生徒が一生懸命英語で伝えようとしている様子を見ていただくことができました。英語で新しいアイディアを生み出そうと協働的に取り組んだ今回の経験を、グローバル社会に生きる一員として、将来役立ててほしいと願っています。

  

 

ブログ

R2SSH事業活動記録

SSH研究成果報告会

3月5日(金)、南予文化会館にて、SSH研究成果報告会が行われました。今年度は、新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響で、残念ながら、予定されていたSSH事業(愛媛大学研究室体験研修・関東STREAM研修・海外研修・宇東SSH科学の祭典など)が中止となりました。しかし、生徒たちは、RSⅠ・RSⅡ・RRの課題研究にしっかり力を注ぎ、限られた時間の中で充実した研究を行うことができました。本日は、1年生・2年生それぞれの代表生徒が南予文化会館のステージで発表を行いました。SSH運営指導委員の先生方に、代表生徒のステージ発表やポスターセッションを見ていただき、貴重なご意見をたくさんいただくことができました。閉会行事の中で、SSH運営指導委員長の愛媛大学教育学部佐野栄教授より「Regional Innovationで取り組んできた地域独自の研究を、普遍性を持たせて、国際的な研究に発展させていってほしい」というお言葉をいただきました。SSH指定校としての8年間、たくさんの関係者の方々の支えのおかげで、生徒も教員も成長することができました。今後とも、本校のSSH事業をよろしくお願いいたします。

【開会行事】

 

【研修報告】

 【RSⅠステージ発表】

 

【ポスターセッション RSⅡ(南予文化会館:2年生)】

【ポスターセッション RSⅠ(学校:1年生)】

 

【RSⅡステージ発表】

【閉会行事】

RR発表会①

普通科2年生文系が1年間取り組んだRR(リージョナルリサーチ)の研究発表会を行いました。

えひめスーパーハイスクールコンソーシアム

1月29日(金)、えひめスーパーハイスクールコンソーシアム(南予地区)が、オンラインで開催されました。第一部では2年4組の4名の生徒が研究を発表し、第二部では2年4組の生徒全員が他校の発表をふまえてディスカッションを行いました。Web会議システム「Zoom」を利用して、同世代の中高生と有意義な意見交換ができました。

感染症対策で様々な制約がありながらも、このような機会を設けることができたことを大変嬉しく思います。関係者の皆様、大変ありがとうございました。

  

Natural Disasters / RS探究Ⅱ出張講義

12月7日(月)の6・7限に、愛媛大学のNetra Prakash Bhandary先生をお招きして、Natural Disastersに関する講義をしていただきました。生徒に分かりやすいように、たくさんの資料を用いて、英語でお話していただきました。授業の最後には、グループで防災について話し合い、全体に向けて英語で発表も行いました。今回の経験を生かして、英語を用いて学んだり発信したりできるように頑張ります!

 

 

高文祭に参加しました!

愛媛県高等学校総合文化祭に参加しました。
5組が書類審査を勝ち抜き本選に出場しましたが、惜しくも予選敗退となりました。
しかし、発表・質疑応答ともに練習の成果を存分に発揮してくれました。
生徒の皆さん、お疲れ様でした。来年リベンジしましょう!

ブログ

H31SSH事業活動記録

SSHシンガポール・マレーシア国研修~3日目~

3日目(1/23)は、「NEWater」を訪れ、施設の見学し、シンガポールの水事情や精巧な水処理技術を学びました。その後、CLAIRシンガポール事務所に移動し、NEWater及びWater problemについて英語でディスカッションやプレゼンテーションを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポール・マレーシア国研修~2日目~

【午前の活動】

2日目(1/22)、ジョホールバルのSMK INDAHPURA校を訪問しました。オープニングセレモニーでは「パプリカ」を、訪問校の生徒と一緒に歌いダンスしました。その後、自分達が取り組んだ課題研究の成果を英語で発表し、質疑応答もしっかりと受け答えしていました!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【午後の活動】

午後は、LEDを点灯させるための電子回路を、現地の高校生と話し合いながら作製しました。そのLEDライトは、その後の両校生物教員による光合成についての授業で用いられ、マレーシアの生徒と共に学ぶことができました。​

   
   

 

シンガポール・マレーシア国研修~1日目~

【5:20更新】

本日(1/21)より四日間、2年生の生徒13名がシンガポール・マレーシア国研修に行きます。
午前5時、学校を出発し松山空港へ向かいます。

 

朝早くよりお見送りに来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

13名の皆さん、気をつけていってらっしゃい!
たくさんのことを見聞きし、充実した四日間にしてください。

----------------------------------------------------------------

【6:30更新】

予定より少し早く松山空港に到着しました。
荷物を預け、羽田空港への便に搭乗します。

----------------------------------------------------------------

SSH海外研修1日目、無事にシンガポールのヴィクトリアホテルに到着しました。
夕食は中華料理を美味しく頂きました。明日からの研修頑張ります!

 

SPH成果発表会に参加

12月17日(火)に愛媛県立宇和島水産高等学校で開催されたスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)成果発表会に参加してきました。
本校の理数科2年生と地学部1年生が課題研究のポスター発表を行いました。また、宇和島水産高校の生徒さんの心のこもった発表を聞くこともでき、大変有意義な経験になりました。

 

関東STREAM研修3日目

 最終日の本日は東京大学を訪問し、本校OBの横山教授の講義を受けたり、OB,OGの先輩方に質問に答えていただいたりしました。講義は、横山先生の研究テーマであるニュートリノに関する内容で非常に高度かつ専門的なものでしたが、噛み砕いて丁寧に説明していただき、生徒たちも話に食らいついていました。全てを理解することは難しかったですが、ワクワクした!と感想を言い合う姿が見られました。昼食時には、先輩方を囲んで様々な刺激的なお話も聞くことができました。この3日間の研修では、多くの情報を直接聞いたり、実際に触らせていただいたり、見せていただいたりし、ホンモノに触れる機会が非常に多くありました。収穫の多い、充実した研修となりました。関わっていただいた全ての皆様、本当にありがとうございました。

H30SSH事業活動記録

松山南高校SSH成果報告会に参加しました

 3月14日(木)ひめぎんホールにて松山南高校SSH成果報告会が実施され、本校から10名の生徒が参加しました。ポスターセッションやステージ発表では、他校の生徒との活発な質疑が交わされ、生徒たちは刺激を受けました。本校とは異なる取り組みをされている部分があり、教員にとっても大変勉強になり有意義な時間を過ごすことができました。

西条高校SSH成果報告会

 

 3月13日(水)、西条市総合文化会館において行われた西条高校のSSH研究成果報告会に本校生徒10名が参加し、下記の内容でステージ発表1件、ポスター発表3件を行いました。自分たちの発表はもちろん、西条高校の発表に対しても積極的に質疑を行い、交流しました。

 ステージ発表

  「『世界津波の日』2018高校生サミット報告」

 ポスター発表

  「宇和島の焼却灰の有効利用Ⅱ」

  「新たな災害食のレシピ考案」

  「リモネンの溶解力と温度Ⅲ」

SSH研究成果報告会が行われました

 3月11日(月)に、南予文化会館にて標記の報告会が行われました。この1年間の課題研究活動をポスターやプレゼンテーションにまとめ発表しました。会場には本校生だけではなく、他校の生徒や教員、保護者や地域の方々にも大勢ご来場いただき、活動内容を見ていただくことができました。特に、ポスターセッションでは活発な質疑応答が行われ、充実した報告会となりました。課題研究活動を通して得たことや身に付けた力を、今後も伸長させて欲しいと思います。ご来場いただいた方々、またサポートいただいた皆様、本当にありがとうございました。

RSⅡ講座内発表会が行われました

 本日は、2年生普通科理系・理数科の生徒による課題研究RSⅡの講座内発表会が行われました。1年間の課題研究の成果をポスターにまとめ発表しました。質疑応答では鋭い質問があり、生徒たちはお互いを高め合えたと思います。来月11日(月)には、南予文化会館で本校SSH研究成果報告会が開催されます。ぜひ、多くの皆さんにお越しいただき、生徒たちの頑張りを見ていただけたらと思います。

えひめスーパーハイスクールコンソーシアムで刺激を受ける!

 2月9日(土)、ひめぎんホールにて標記の会が行われ、本校からは2年生4人が課題研究の口頭発表を行いました。また、一般参加として生物部の1年生3人も会に参加することができました。県下のスーパーハイスクール指定の高校生が発表を行った他、中学生のジョブチャレンジ発表や、職業学科を有する高校のポスターセッション、体験学習などが行われ、参加した生徒たちはたくさんの刺激を受けることができたと思います。今後の研究活動や学校生活に活かしていきましょう。