H31SSH事業活動報告

今年最後の研究活動/RSⅡ

 本日のRSⅡは、今年最後の時間となりました。年度末には、成果報告会が控えています。残りの研究活動の時間は少ないですが、限られた時間を有効に使いましょう。成果が挙がることを期待しています。

多様なアドバイスいただく/RSⅡ中間報告会

 本日、RSⅡ中間報告会においてポスター発表が行われました。他校の先生や大学の先生など、多くの方にポスター発表を見ていただき、様々な角度からアドバイスをいただくことができました。会の最後には、運営指導委員長の佐野栄先生から「研究活動で一番大事なのは、その研究に没頭すること。のめり込むこと。その研究を面白がること」とお話いただきました。成果報告会まであと数ヶ月、本日いただいた助言を活かし、楽しみながら課題解決を目指して欲しいと思います。

出張講義が行われました/RS探究Ⅱ

 11月18日(月)に3年生理数科対象のRS探究Ⅱの時間において、出張講義が実施されました。防災に関する内容の講義が、オールイングリッシュで行われ、うなずきながら講義に聞き入る生徒もいました。質疑応答も英語で行われ、スピーキングが得意ではなくとも、必死に自分の考えを伝えようとする好姿勢が見られました。足下の悪い中、また大変お忙しい中お越しいただきましたネトラ先生、ありがとうございました。

内容 Natural Disasters  ー Some Recent Events and Disaster Awareness ー
講師 愛媛大学社会共創学部環境デザイン学科 准教授 BHANDARY Netra Prakash 先生

多方面から助言いただく/RSⅠ中間発表会

 本日は、1年生理数科・普通科対象の課題研究RSⅠの授業において、中間発表会が行われました。愛媛大学から先生や大学院生、また教育センターの先生方にもお越しいただき、研究に関する様々なアドバイスをいただくことができました。今回得られた質問や助言をもとに、残り半年の研究活動をより良いものにしていって欲しいと思います。

研究再開!/RSⅡ

本日は2学期最初のRSⅡが行われました。1学期末に大学院生からのアドバイスを受けたグループは、そのアドバイスを元に研究内容の見直しをしていました。研究グループの中には、データ測定が完了し、データ分析をしているグループもありました。11月の中間報告会に向けて計画的に進めていきましょう!