H30SSH事業活動記録

SSH海外研修/シンガポール・マレーシア

 1月22日(火)~25日(金)の日程で、2年生普通科理系・理数科の合計17名の生徒がSSHの国際性育成事業として、シンガポールおよびマレーシアの海外研修を行いました。

 1/23(火)は、マレーシアのSMK INDAHPURAを訪問し、科学交流会とともに、課題研究のプレゼンテーションや、両校の教員による「イオン交換樹脂」の共同授業、数学のアクティビティを行いました。両校の生徒は活動を通じて交流を深め、帰り際には互いに連絡先を交換していました。

 1/24(水)は、シンガポールの水処理施設「NEWater」を訪問・見学し、Yale NUS Collegeの大学生をファシリテーターとして、水問題についてのディスカッションとプレゼンテーションを行いました。

 移動日を含めた4日間、特に英語については課題の見える研修だったと思います。今回の交流・経験を踏まえて、国際的に活躍する人材としての成長を期待しています。

外国人研究員による出張講義が行われました/RS探究Ⅱ

 3年理数科を対象とした「RS探究Ⅱ」において、外国人研究員の先生を講師としてお招きし、出張講義が行われました。世界の先端研究について英語で紹介していただくとともに、生徒たちと活発な質疑応答が行われました。質疑応答では、一回の応答で終わらずに、何度も意見交換し議論を深めていました。今回の講義はオールイングリッシュでしたが、英語はコミュニケーションツールの一つ。大切なのは自分の考えを主張することです。今後も自分の意見や考えを積極的に発言して欲しいと思います。

講師 愛媛大学防災情報研究センター 副センター長
   Bhandary Netra Prakash 先生

題目 Natural Disasters - Some Recent Events and Our Disaster Awareness -

よりよい研究を目指して/RSⅠ

 今日のRSⅠでは、先週の中間発表会で得られた指摘やアドバイスをもとに、今後の計画を練り直したり、実験の改良を行っていました。自分たちの疑問や不思議に思ったことをとことん探究し、よりよい研究を目指して欲しいと思います。

RSⅠ中間発表会が行われました

 10月25日(木)に、1年生理数科・普通科におけるRSⅠにおいて中間発表会が行われました。この約半年間で取り組んできた研究内容をまとめ発表し、それに対して活発な質疑応答が行われました。教育センター指導主事の先生方にもお越しいただき、専門的な見地から様々なアドバイスをいただくことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。今後の研究内容をさらに深化させて欲しいと思います。