ブログ

R3宇和島東Topic

生徒の皆さんへ

1月7日(金)の始業日は、11日(火)に延期になりました。

1月7日(金)は冬季休業とします。

 日程は下記のとおりです。

 

 

冬休みの東高

20日(月)は終業日。全校での終業式は実施しませんでしたが、
大掃除とHRで2学期を締めくくりました。

翌日からは冬季補習が始まり、今日はその三日目です。
冬休みも学校には勉強や部活動に励む生徒の姿があります。

ところで生徒のみなさんは、職員室前にも
クリスマスがやって来ていることに気がつきましたか?

ここにはスクールサポートスタッフの方が
お花を生けたり、装飾を施したりしてくださっています。
季節の移ろいを感じさせてくれる、あたたかな心づかいです。
職員室に来たときには、公衆電話の横をよく見てみてくださいね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2021年も残すところ10日を切り、2022年が近づいています。
今年もホームページをご覧いただきありがとうございました。
皆様どうぞよいお年をお迎えください。

クラスマッチ

12月7日(火)、天候にも恵まれ、無事にクラスマッチを開催することができました。

【結果】

  バレーボール 1年 1位2組 2位6組

         2年 1位4組 2位3組

         3年 1位2組 2位5組

バスケットボール 1年 1位1組 2位7組

         2年 1位7組 2位3組

         3年 1位7組 2位6組

    サッカー 1年 1位5組 2位2組

         2年 1位5組 2位6組

         3年 1位6組 2位7組

      卓球 1年 1位7組 2位6組

         2年 1位7組 2位3組

     テニス 3年 1位5組 2位7組

     かるた 1年 1位2組A 2位2組B

         2年 1位2組   2位4組

         3年 1位2組   2位1組

  

  

租税教室

12月6日(月)、3年5・6組の生徒が2~3限目に、地元の税理士の先生から税について教えていただきました。今回は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」のソフトを使い、源泉徴収票の見方などを学びながら、所得税の確定申告書の作成を体験しました。

情報ビジネス科のシステム開発実習にITマイスターの御支援を仰ぎました。

 令和3年12月2日 木曜日 1時間目「ビジネス情報管理」(3年情報ビジネス科履修)の授業に、愛媛県技能振興コーナー所属のITマイスターの平岡先生をお招きして、システム開発実習の指導・助言をしていただきました。
 情報ビジネス科の3年生たちは自分たちの卒業記念作品にあたる開発コンテンツを説明し、平岡マイスターの御指導をしっかりと受け止めていました。今後の実習の改善と卒業後のICT分野での働きぶりに生かすべく、意義深い派遣事業になりました。

新しいシンボルが誕生しました‼ ~フィックス艇「鬼ケ城」レプリカモデルの完成~

 校史資料館のそばに、歴史あるボートが保存されています。そのボートは、1965(昭和40)年に作られたフィックス艇「鬼ケ城」です。この「鬼ケ城」のレプリカモデル(1/10スケール)がこのたび同窓生や関係者のご支援・ご協力で完成し、11月25日(木)にお披露目をしました。
 フィックス艇「鬼ケ城」レプリカモデルは、図書館前の廊下に展示しています。ボートの細部に至るまで精巧に再現された迫力のある仕上がりとなっています。このレプリカモデルが本校の新たなシンボルとして、本校生を繋ぐものになることを願っています。

     

第35回 愛媛県高等学校総合文化祭 吹奏楽部門

11月21日(日)県民文化会館にて、南宇和高校、吉田高校の吹奏楽部の生徒と一緒に愛媛県高等学校総合文化祭吹奏楽部門に参加しました。コロナウイルス感染拡大防止の為、合同での練習ができず、全員が揃って演奏ができたのはこのステージが最初で最後でしたが、『明るいサウンド、丁寧な音楽づくり、集中力の高い演奏で不足を感じさせない、大変好演であった。』と審査員の方からご講評をいただきました。

今後も宇和島東高校吹奏楽部は、さらなる飛躍を目指し、頑張っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

愛媛大学出張講義

11月19日(金) 1年理数科・普通科の生徒を対象に、愛媛大学から講師の先生方をお招きして、出張講義をしていただきました。生徒は、興味のある分野を選んで、講義に参加しました。世界や地域の現実について知ったり、なりたい自分になるために必要なことを学んだり、ものごとや学問について新しい知識や観点を身に付けたりしました。それぞれの専門家のお話に知的好奇心をかきたてられながら、自分の将来の姿を思い描き、学ぶことの意味を問い直した50分間でした。

 

法文学部 「国際社会の諸問題」

教育学部 「優れたリーダーになるためにはどうすればよいのか?」
 

社会共創学部 「人口減少は悪なのか―農山漁村から未来の可能性を考えよう―」
 

理学部 「素数について」
 

工学部 「自然災害から守る」

医学部 「地域社会と健康」

農学部 「細胞の中の社会と実社会」

真剣にお話を聞いていろいろなことを考えました。

講師の先生方、貴重なお話をありがとうございました。

「四国総体2022」まであと250日!

  こんにちは!生徒会です!

みなさんは来年度、四国地方で「四国総体2022」が開催されることを知っていますか?また、ここ宇和島市では卓球競技が行われるんですよ‼‼

それに伴い、本日から「八西・宇和島地区」で「カウントダウンリレー」を行います。本校は第1走者!2022年7月29日の開幕日まで、

         

 

 


今回は、生徒のみなさんにカウントダウンボードを持ってもらい、その写真で文字を作りました。もちろん卓球部女子キャプテンの浅井さんにも協力してもらいましたよ!

あと日と限られた時間ではありますが、宇和島東高校で一体となって「四国総体2022」を盛り上げていきましょ~!

 
第2走者は八幡浜高校です。お楽しみに~! 
  

「税に関する高校生の作文」表彰式

11月17日(水)、宇和島税務署の方にお越しいただき、本校会議室にて、「税に関する高校生の作文」の表彰式を行いました。『「税」に対する考え方』という作文を書いた3年6組の菊池颯くんが宇和島税務署長賞、『税金があるからこその当たり前』という作文を書いた3年5組の辻彩花さんが宇和島地区租税教育推進協議会会長賞を受賞しました。

 

クラスマッチに向けて‼‼

先日クラスマッチの抽選会を行いました!

クラスマッチは12月7日(火)に行われます。それぞれのクラスで団結し、優勝を目指しましょう!その前に期末考査の勉強も頑張らないといけませんね‼‼明日は考査発表ですよ~!

廣瀬夫妻との交流会

こんにちは!生徒会です。

11月12日(金)東京パラリンピックに出場された廣瀬悠・順子夫妻を招いての講演会を開催したのち、放課後、本校の柔道部員と、ご夫妻による柔道の合同練習会がありました。

 練習では、視覚障がい者柔道のルールに基づき、組んだ状態からの立ち技の練習を行い、悠選手とは、通常のルールでの練習も行っていただきました。

近年の視覚障がい者柔道では、豪快な一本を繰り出す試合展開に加え、技の幅を広げるため、ブラジリアン柔術や、サンボという他の格闘技を取り入れる選手が増えてきています。廣瀬夫妻も実際に取り入れられており、寝技の練習では、巧みな関節技も用いられていました。特に悠選手はブラジリアン柔術で黒帯ということもあり、本校の柔道部も苦戦していた模様です。

 男子柔道部キャプテンである斧泰雅さんは、「とても力が強くてびっくりしました。寝技が上手くすごいなと思いました。また、今日の講演会を聞いて何事にも諦めずに挑戦することが大切なんだと思いました。」と、交流を振り返りました。

 女子柔道部キャプテンの松本涼さんは、「健常者の方とは違い、お互いが組んだところからのスタートだったのでとても力が必要でした。今回初めて一緒に練習をさせていただきましたが、力がとても強くさすがリオパラリンピック銅メダルの選手だと改めて実感しました。パラリンピック代表の選手と練習することができ、とても貴重な経験となりました。これからも柔道頑張って下さい!」と感想を述べました。

 何事にも諦めず挑戦する姿勢や、何事にも全力で、前向きに向かっていくお二方のような人物像を東校の生徒全員で、実現したいと思います。廣瀬夫妻、貴重な交流を本当にありがとうございました。


 

 

  
 

 

 

6校 合同避難訓練

本日、文京地区6校が合同で避難訓練を行いました。
高知県沖での地震発生、その後の大津波警報の発令を想定し、各学校が指定された避難場所へ避難しました。

 

 

関係学校の教職員だけでなく、警察の方や保護者の方にも避難誘導を行っていただき、安全に訓練を実施することができました。
”もしも”の備えを、日ごろから大切にしたいですね。

トキワバイアツツジ里帰りプロジェクト植樹祭

生物部生態班は数年前から、宇和島市などの一部にしか生育していない希少種であるトキワバイカツツジ(絶滅危惧種)の調査研究を行っています。11月12日、愛媛森林管理署より招待をいただき南楽園で開催された「トキワバイカツツジ里帰りプロジェクト植樹祭」に参加しました。植樹祭では、研究発表と南楽園内での植樹を行いました。宇和島ケーブルテレビや愛媛新聞オンライン等でも取り上げていただきました。部員たちが大人になってこの場所を訪れたとき、きっと、満開の花を咲かせて、部員たちを迎えてくれることでしょう。そして、この場所を訪れる宇和島市の方々が、宇和島市にひっそりと生育しているトキワバイカツツジの存在を大切に感じてくれると嬉しいです。

廣瀬悠・順子夫妻による講演会

11月12日(金)6限、オリンピック・パラリンピック教育推進事業として、東京パラリンピックに出場された廣瀬悠・順子夫妻を招いての講演会を開催しました。2年生は体育館で講演会に参加し、1・3年生は教室からリモートで視聴しました。廣瀬悠選手は、本校柔道部のOBで、高校時代の思い出をユーモアを交えながらお話されていました。高校生に贈る言葉として、廣瀬順子選手から「何気ないあたりまえの毎日の小さな幸せに感謝して頑張ってほしい」とエールをいただき、廣瀬悠選手から「若い世代のみなさんが新しい共生社会をつくってほしい」とメッセージをいただきました。講演会の中で「自分が一生懸命になれるものを大切にしてほしい」とあったように、宇和島東高等学校の後輩であるみなさんが、これから自分の夢に向かって頑張っていきましょう。廣瀬悠・順子夫妻、ご講演いただき、大変ありがとうございました。

  

令和3年度ICT活用高等学校授業改善推進事業第2回公開授業

11月12日(金)、令和3年度ICT活用高等学校授業改善推進事業第2回公開授業がオンラインで開催されました。地歴公民科の松﨑安紀先生が2年4組で現代社会、商業科の岩﨑直先生が1年7組で簿記、英語科の尾崎弥笑先生が2年A講座で英語表現Ⅱの研究授業を行いました。いずれの授業でも、全員が今年度配布された一人一台端末を使用し、生徒間や生徒・教員間の情報共有の手段として効果的に活用していました。GIGAスクール構想の実現に向けて、教員にとってもICT機器を活用していく上で、とても充実した研修の機会となりました。校外の先生方にもオンラインで参加していただき、大変ありがとうございました。

 

 

教育実習生、頑張っています!

11月1日(月)より教育実習が始まっています。今年度は、本校の卒業生6名が教育実習を行います。今週に入って、各教科やホームルーム活動の研究授業が実施されています。若さあふれる教育実習生たちが、「伝えたい」という熱い思いを持って、一生懸命頑張っています。本校生徒のみなさんも、教育実習生からたくさんのことを学びたいですね。

 

初任者研修研究授業(理科)

11月10日(水)6限、生物実験室で、芝絢香先生による2年7組の生物基礎の研究授業が行われました。「生物の体内環境」の単元の授業で、Microsoft Teamsを用いてワークシートや課題の配布を行い、クラスメイトと協力して実験をすることができました。元気あふれる芝先生の授業で、生徒たちも積極的に学ぼうとしていました。

 

高校生英語弁論大会及び全国高等学校英語スピーチコンテスト愛媛県代表選考会

11月1日(月)、松山南高校にて、高校生英語弁論大会及び全国高等学校英語スピーチコンテスト愛媛県代表選考会が行われました。

一次審査を通過した2年生の伊藤倫さんが、A部門(国際理解部門)に出場しました。

 

"Pass the Baton to Make People Start Thinking"という論題で、身近な人と人権問題について話し合い、認識を広めていくことが、問題解決に向けた確かな一歩であると、力強く心を込めて話してくれました。

このスピーチを聞いてくれた人たちに、バトンをつないで、人権問題について考え始めるきっかけの輪を広げていってほしいと思います。

 

結果は奨励賞で、四国・全国大会へはつながりませんでしたが、レベルの高い他校の生徒の発表を見ることができ、大変貴重な経験となりました。

 

指導に携わってくださった方々、応援してくださった方々ありがとうございました。