H30SSH事業活動記録

松山南高校SSH成果報告会に参加しました

 3月14日(木)ひめぎんホールにて松山南高校SSH成果報告会が実施され、本校から10名の生徒が参加しました。ポスターセッションやステージ発表では、他校の生徒との活発な質疑が交わされ、生徒たちは刺激を受けました。本校とは異なる取り組みをされている部分があり、教員にとっても大変勉強になり有意義な時間を過ごすことができました。

西条高校SSH成果報告会

 

 3月13日(水)、西条市総合文化会館において行われた西条高校のSSH研究成果報告会に本校生徒10名が参加し、下記の内容でステージ発表1件、ポスター発表3件を行いました。自分たちの発表はもちろん、西条高校の発表に対しても積極的に質疑を行い、交流しました。

 ステージ発表

  「『世界津波の日』2018高校生サミット報告」

 ポスター発表

  「宇和島の焼却灰の有効利用Ⅱ」

  「新たな災害食のレシピ考案」

  「リモネンの溶解力と温度Ⅲ」

SSH研究成果報告会が行われました

 3月11日(月)に、南予文化会館にて標記の報告会が行われました。この1年間の課題研究活動をポスターやプレゼンテーションにまとめ発表しました。会場には本校生だけではなく、他校の生徒や教員、保護者や地域の方々にも大勢ご来場いただき、活動内容を見ていただくことができました。特に、ポスターセッションでは活発な質疑応答が行われ、充実した報告会となりました。課題研究活動を通して得たことや身に付けた力を、今後も伸長させて欲しいと思います。ご来場いただいた方々、またサポートいただいた皆様、本当にありがとうございました。

RSⅡ講座内発表会が行われました

 本日は、2年生普通科理系・理数科の生徒による課題研究RSⅡの講座内発表会が行われました。1年間の課題研究の成果をポスターにまとめ発表しました。質疑応答では鋭い質問があり、生徒たちはお互いを高め合えたと思います。来月11日(月)には、南予文化会館で本校SSH研究成果報告会が開催されます。ぜひ、多くの皆さんにお越しいただき、生徒たちの頑張りを見ていただけたらと思います。

えひめスーパーハイスクールコンソーシアムで刺激を受ける!

 2月9日(土)、ひめぎんホールにて標記の会が行われ、本校からは2年生4人が課題研究の口頭発表を行いました。また、一般参加として生物部の1年生3人も会に参加することができました。県下のスーパーハイスクール指定の高校生が発表を行った他、中学生のジョブチャレンジ発表や、職業学科を有する高校のポスターセッション、体験学習などが行われ、参加した生徒たちはたくさんの刺激を受けることができたと思います。今後の研究活動や学校生活に活かしていきましょう。

SSH海外研修/シンガポール・マレーシア

 1月22日(火)~25日(金)の日程で、2年生普通科理系・理数科の合計17名の生徒がSSHの国際性育成事業として、シンガポールおよびマレーシアの海外研修を行いました。

 1/23(火)は、マレーシアのSMK INDAHPURAを訪問し、科学交流会とともに、課題研究のプレゼンテーションや、両校の教員による「イオン交換樹脂」の共同授業、数学のアクティビティを行いました。両校の生徒は活動を通じて交流を深め、帰り際には互いに連絡先を交換していました。

 1/24(水)は、シンガポールの水処理施設「NEWater」を訪問・見学し、Yale NUS Collegeの大学生をファシリテーターとして、水問題についてのディスカッションとプレゼンテーションを行いました。

 移動日を含めた4日間、特に英語については課題の見える研修だったと思います。今回の交流・経験を踏まえて、国際的に活躍する人材としての成長を期待しています。

外国人研究員による出張講義が行われました/RS探究Ⅱ

 3年理数科を対象とした「RS探究Ⅱ」において、外国人研究員の先生を講師としてお招きし、出張講義が行われました。世界の先端研究について英語で紹介していただくとともに、生徒たちと活発な質疑応答が行われました。質疑応答では、一回の応答で終わらずに、何度も意見交換し議論を深めていました。今回の講義はオールイングリッシュでしたが、英語はコミュニケーションツールの一つ。大切なのは自分の考えを主張することです。今後も自分の意見や考えを積極的に発言して欲しいと思います。

講師 愛媛大学防災情報研究センター 副センター長
   Bhandary Netra Prakash 先生

題目 Natural Disasters - Some Recent Events and Our Disaster Awareness -

よりよい研究を目指して/RSⅠ

 今日のRSⅠでは、先週の中間発表会で得られた指摘やアドバイスをもとに、今後の計画を練り直したり、実験の改良を行っていました。自分たちの疑問や不思議に思ったことをとことん探究し、よりよい研究を目指して欲しいと思います。

RSⅠ中間発表会が行われました

 10月25日(木)に、1年生理数科・普通科におけるRSⅠにおいて中間発表会が行われました。この約半年間で取り組んできた研究内容をまとめ発表し、それに対して活発な質疑応答が行われました。教育センター指導主事の先生方にもお越しいただき、専門的な見地から様々なアドバイスをいただくことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。今後の研究内容をさらに深化させて欲しいと思います。