ブログ

H31SSH事業活動報告

出張講義が行われました/RS探究Ⅱ

 11月18日(月)に3年生理数科対象のRS探究Ⅱの時間において、出張講義が実施されました。防災に関する内容の講義が、オールイングリッシュで行われ、うなずきながら講義に聞き入る生徒もいました。質疑応答も英語で行われ、スピーキングが得意ではなくとも、必死に自分の考えを伝えようとする好姿勢が見られました。足下の悪い中、また大変お忙しい中お越しいただきましたネトラ先生、ありがとうございました。

内容 Natural Disasters  ー Some Recent Events and Disaster Awareness ー
講師 愛媛大学社会共創学部環境デザイン学科 准教授 BHANDARY Netra Prakash 先生

多方面から助言いただく/RSⅠ中間発表会

 本日は、1年生理数科・普通科対象の課題研究RSⅠの授業において、中間発表会が行われました。愛媛大学から先生や大学院生、また教育センターの先生方にもお越しいただき、研究に関する様々なアドバイスをいただくことができました。今回得られた質問や助言をもとに、残り半年の研究活動をより良いものにしていって欲しいと思います。

研究再開!/RSⅡ

本日は2学期最初のRSⅡが行われました。1学期末に大学院生からのアドバイスを受けたグループは、そのアドバイスを元に研究内容の見直しをしていました。研究グループの中には、データ測定が完了し、データ分析をしているグループもありました。11月の中間報告会に向けて計画的に進めていきましょう!

「集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表会 四国大会」参加

 本校からは、理数科2年 須田羽未さん、引野稜子さんの二名が参加し、課題研究「画像解析を用いた環境要因が及ぼす真珠の評価」を立派に発表してきました。女性研究者から今後の課題研究の取組において参考になる、質疑や助言をいただきました。交流会では、他校の生徒や愛媛大学等の女性研究者と意見を交換し、貴重な時間を過ごすことができました。

 

愛媛大学研究室体験研修を行いました

 8月19日(月)~21日(水)の3日間、愛媛大学において2年生理数科の生徒を対象に、標記の研修が行われました。工学系・理学系のコース、農学系のコースに加え今年度からは医学系コースも新設していただき、例年以上に貴重で充実した実験実習をさせていただくことができました。最終日は、研修内容をまとめプレゼンテーション発表を行いました。各研究室でご指導いただいた先生方やTAの皆さんにも参加いただき、活発な質疑応答が展開されました。指導講評では「鋭い質問を受け、自分が何が分かっていないかを知ることが大切。勉強して知らないことを知り、また疑問にぶつかり、勉強して知見を深め繰り返しで自身を成長させて欲しい」とお言葉をいただきました。
 今回の研修にあたり、事前の計画や準備から大変お世話になりました各先生方、サポートをいただいたTAの皆さん、その他様々なご配慮をいただきました関係各所の皆さん、本当にありがとうございました。


令和元年度SSH生徒研究発表会にてポスター発表賞を受賞しました。

8月7日(水)・8日(木)に神戸国際展示場にて令和元年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会が開催されました。日本全国のSSH指定校やSSH経験校から、また、海外の招へい校から、200を超える学校の生徒が集いました。ポスターセッションは6時間以上に及ぶ中、他校の生徒の素晴らしい課題研究の発表にたくさんの刺激を受けるとともに、本校から参加した、理数科3年の堀内文太さん、土居涼子さんも立派な発表であり、課題研究「チェッカージャンプの一般化」が「ポスター発表賞」を受賞しました。 

第5回かはくプレゼンテーション大会

 7月28日(日)、新居浜科学博物館において第5回かはくプレゼンテーション大会が行われ、本校から3班5名の生徒がポスターセッションに出品しました。残念ながら上位入賞は果たせませんでしたが、発表・質疑応答で審査員や他校の生徒と積極的に交流し、新たな課題と研究のヒントを得ることができました。

 

科学って面白い!/宇東科学の祭典

 7月27日(土)午後から本校において、宇東科学の祭典が行われました。今年度は、本校教員だけではなく、小学校の先生や宇和島自然科学教室の先生方も講師として参加し、計8ブース出展しました。80名を超える小学生と保護者の方々も参加され、大盛況でした。科学って面白い!


エクセルの技術学ぶ/RSⅠ情報講座

 7月4日(木)RSⅠの授業において、情報講座が行われました。本校の商業科教員が講師として、理数科・普通科の1年生を対象に、エクセルの技術指導にあたりました。普段エクセルを使わない生徒が多く、苦戦しながら関数を使い、表やグラフを作成しました。今後の課題研究で多くのデータを収集していきますが、今回学んだことを最大限生かして、データの適切な処理や効果的な示し方を身に付け、発信力を高めていきましょう。

科学実験入門が行われました

 2年生普通科理系・理数科対象の課題研究「RSⅡ」において、標記の講義が行われました。今回は、愛媛大学より講師の先生にお越しいただき、「物理・化学」と「生物・地学」の分野に分かれて実験データの取り扱いに関する講義を行っていただきました。生徒たちは、得られたデータの統計処理の手法や意義を学ぶことができました。今後の課題研究活動に大いに生かしていきましょう!


H30SSH事業活動記録

松山南高校SSH成果報告会に参加しました

 3月14日(木)ひめぎんホールにて松山南高校SSH成果報告会が実施され、本校から10名の生徒が参加しました。ポスターセッションやステージ発表では、他校の生徒との活発な質疑が交わされ、生徒たちは刺激を受けました。本校とは異なる取り組みをされている部分があり、教員にとっても大変勉強になり有意義な時間を過ごすことができました。

西条高校SSH成果報告会

 

 3月13日(水)、西条市総合文化会館において行われた西条高校のSSH研究成果報告会に本校生徒10名が参加し、下記の内容でステージ発表1件、ポスター発表3件を行いました。自分たちの発表はもちろん、西条高校の発表に対しても積極的に質疑を行い、交流しました。

 ステージ発表

  「『世界津波の日』2018高校生サミット報告」

 ポスター発表

  「宇和島の焼却灰の有効利用Ⅱ」

  「新たな災害食のレシピ考案」

  「リモネンの溶解力と温度Ⅲ」

SSH研究成果報告会が行われました

 3月11日(月)に、南予文化会館にて標記の報告会が行われました。この1年間の課題研究活動をポスターやプレゼンテーションにまとめ発表しました。会場には本校生だけではなく、他校の生徒や教員、保護者や地域の方々にも大勢ご来場いただき、活動内容を見ていただくことができました。特に、ポスターセッションでは活発な質疑応答が行われ、充実した報告会となりました。課題研究活動を通して得たことや身に付けた力を、今後も伸長させて欲しいと思います。ご来場いただいた方々、またサポートいただいた皆様、本当にありがとうございました。

RSⅡ講座内発表会が行われました

 本日は、2年生普通科理系・理数科の生徒による課題研究RSⅡの講座内発表会が行われました。1年間の課題研究の成果をポスターにまとめ発表しました。質疑応答では鋭い質問があり、生徒たちはお互いを高め合えたと思います。来月11日(月)には、南予文化会館で本校SSH研究成果報告会が開催されます。ぜひ、多くの皆さんにお越しいただき、生徒たちの頑張りを見ていただけたらと思います。

えひめスーパーハイスクールコンソーシアムで刺激を受ける!

 2月9日(土)、ひめぎんホールにて標記の会が行われ、本校からは2年生4人が課題研究の口頭発表を行いました。また、一般参加として生物部の1年生3人も会に参加することができました。県下のスーパーハイスクール指定の高校生が発表を行った他、中学生のジョブチャレンジ発表や、職業学科を有する高校のポスターセッション、体験学習などが行われ、参加した生徒たちはたくさんの刺激を受けることができたと思います。今後の研究活動や学校生活に活かしていきましょう。

SSH海外研修/シンガポール・マレーシア

 1月22日(火)~25日(金)の日程で、2年生普通科理系・理数科の合計17名の生徒がSSHの国際性育成事業として、シンガポールおよびマレーシアの海外研修を行いました。

 1/23(火)は、マレーシアのSMK INDAHPURAを訪問し、科学交流会とともに、課題研究のプレゼンテーションや、両校の教員による「イオン交換樹脂」の共同授業、数学のアクティビティを行いました。両校の生徒は活動を通じて交流を深め、帰り際には互いに連絡先を交換していました。

 1/24(水)は、シンガポールの水処理施設「NEWater」を訪問・見学し、Yale NUS Collegeの大学生をファシリテーターとして、水問題についてのディスカッションとプレゼンテーションを行いました。

 移動日を含めた4日間、特に英語については課題の見える研修だったと思います。今回の交流・経験を踏まえて、国際的に活躍する人材としての成長を期待しています。

外国人研究員による出張講義が行われました/RS探究Ⅱ

 3年理数科を対象とした「RS探究Ⅱ」において、外国人研究員の先生を講師としてお招きし、出張講義が行われました。世界の先端研究について英語で紹介していただくとともに、生徒たちと活発な質疑応答が行われました。質疑応答では、一回の応答で終わらずに、何度も意見交換し議論を深めていました。今回の講義はオールイングリッシュでしたが、英語はコミュニケーションツールの一つ。大切なのは自分の考えを主張することです。今後も自分の意見や考えを積極的に発言して欲しいと思います。

講師 愛媛大学防災情報研究センター 副センター長
   Bhandary Netra Prakash 先生

題目 Natural Disasters - Some Recent Events and Our Disaster Awareness -

よりよい研究を目指して/RSⅠ

 今日のRSⅠでは、先週の中間発表会で得られた指摘やアドバイスをもとに、今後の計画を練り直したり、実験の改良を行っていました。自分たちの疑問や不思議に思ったことをとことん探究し、よりよい研究を目指して欲しいと思います。

RSⅠ中間発表会が行われました

 10月25日(木)に、1年生理数科・普通科におけるRSⅠにおいて中間発表会が行われました。この約半年間で取り組んできた研究内容をまとめ発表し、それに対して活発な質疑応答が行われました。教育センター指導主事の先生方にもお越しいただき、専門的な見地から様々なアドバイスをいただくことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。今後の研究内容をさらに深化させて欲しいと思います。